テレビのHDMI端子に直接挿して使える超小型パソコン「スティック型PC」が、1年前から人気を集めている。1万円〜4万円程度の価格で、USBメモリーをひとまわり大きくした程度のサイズ。そのなかにCPUやメモリー、ストレージが入っており、電源を入れればそのままWindowsが起動する。ただし、とても低スペックなので割り切った使い方で利用する人が多い。

インテルのスティック型PC「Compute Stick」。10月末にWindows 10搭載版が登場した。価格は2万円弱だ
[画像のクリックで拡大表示]

Windows 10搭載モデルも選べる

 スティックPCが世の中に登場したのは2014年12月。マウスコンピューターの「m-Stick MS-NH1」が最初だ。W38×D100×H9.8mmという小型ボディーに、スマホ向けのCPUや32GBのeMMCストレージなどを内蔵し、OSにはWindows 8.1 with Bingを採用している。税込み1万9800円という買いやすい価格も手伝って、東京・秋葉原を中心に大きな反響を呼んだ。

 その後、2015年6月には半導体の世界的大手であるインテルから「Compute Stick」が登場し、同年8月以降は最新OSであるWindows 10をプリインストールしたモデルも店頭に並ぶようになっている。

2014年12月にマウスコンピューター秋葉原ダイレクトショップで売り出された「m-Stick MS-NH1」
[画像のクリックで拡大表示]

 今は複数メーカーのモデルが選べるようになっているが、使い方は基本的に同じだ。本体の先端にあるHDMI端子をテレビやパソコンのディスプレーに挿して、もう片方の端にあるmicro USBポートに付属のACアダプターをつないで給電態勢を整える。あとはワイヤレスマウスやキーボードとWi-Fi環境を用意すればいい。ストレージの容量内であれば、WordやExcelなどのWindows用アプリケーションを追加したり、写真を保存したりといったことももちろん可能だ。

 ただし、スペックはWindowsが使える最低限となるので、ゲームをしたり動画編集したりといった重い作業では処理が追いつかないと考えたほうがいい。つまり、見た目も中身もミニマムなパソコンというわけだ。

 それではこんなミニマムなパソコンを、どんな人がどんな用途で使っているのだろうか?