[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone 6sシリーズが発売されて、1カ月半以上が経とうとしている。

 6sはこれまでの「sシリーズ」と同様に、1年前に発表されたiPhone 6シリーズと見た目は同じデザインの筐体で、見るだけではわからない部分がアップデートされている。「どうせ買うなら、デザインが変わるナンバーのみのシリーズで」と考えるユーザーがいる一方で、同じデザインの完成系として「sシリーズ」を待って購入するユーザーもいる。

 今回、筆者がiPhone 6シリーズを持っていながらiPhone 6sを購入した理由は、上記のどちらにも直接は当てはまらない。それまで使っていたiPhone 6 Plusよりも小さい画面のiPhoneに買い替えたかったため、新機種が出るタイミングで買い替えたのだ。

 1年前は、iPhone 6とiPhone 6 Plusのどちらを選べばよいのか迷い、それならばと、両方を買って使って決めることにした(関連記事は「iPhone 6と6 Plusどっちも自腹レビュー 1カ月間使い比べてわかった良し悪しとは……」)。2台持ちで1カ月使ったのち、どちらか1台に決めるならiPhone 6 Plusだろうと判断し、iPhone 6はオークションで手放した。iPhoneは大好きなのだけど、2つのモデルを同じように愛情を注げないと、両方所有していられない性格なのだ。

 その後、iPhone 6 Plusだけを使い続けてきたわけであるが、今回、小さい画面のiPhone 6sに選び直すことにした理由を紹介しておきたい。

(1)外で操作するときは、小さいiPhoneのほうが都合がよい

 今年発売されたApple Watchのおかげで、外出時に時刻を確認したり、通知の内容を見るためだけに、iPhoneの画面を確認することはなくなった。iPhoneはバッグの中に入れておいても構わないことが増えた。

 相変わらずiPhoneを操作したくなる場面はある。例えば、初めて行く場所で道案内してほしい場合、Apple Watchでも可能だが、iPhoneの画面で確認しながら歩いた方が安心だ。今聴いているApple Musicのステーションを切り替えたくなったら、iPhoneを操作したほうがスムーズに行える。

 iPhoneをバッグからそのたびに取り出すのは不便なので、結局はズボンや上着のポケットに入れることになる。iPhoneを操作する回数は減っても、外出時にiPhoneを常に確認したい状況はあり、iPhone 6 Plusの大きさが不便だと思うようになった。

(2)片手で楽に操作したい

 iPhone 6 Plusでも片手で操作できなくはないが、不安定になるため、落としてしまわないかと心配になる。これも外出時に関係するが、荷物などで片手がふさがっているときや、傘を差しながらどうしてもiPhoneを操作したいときは、片手で楽に操作できるサイズのiPhoneが便利だと感じた。

(3)光学手ぶれ補正はなくてもよさそう

 iPhone 6sシリーズでも、光学手ぶれ補正機能はiPhone 6s Plusにのみ搭載されている。iPhone 6 Plusで撮影した写真は確かにきれいだ。手ぶれが抑えられたから良かったと感じることはまずないのだが、手ぶれ補正が効く分、自動的にスローシャッターになる。少し明るさの足りない場所で料理の写真を撮っても、画面が粗くならないのには感動した。

 しかし、自分の使い方では、たまにしか役に立った感じがなかったので、光学手ぶれ補正機能は必須ではないと考えた。

(4)大きくても良いことがなかった

 身も蓋もない言い方をすると、この1年間でサイズが大きくて良かったと思ったことがほとんどなかった。大きな画面が必要なときは、長文を書いたり、Webページの表示を確認したりといったパソコン的な用途であることが多く、Bluetoothキーボードを接続したiPad miniを使っていたということもがあるかもしれない。電子書籍もiPad miniで読む。大きいiPhoneのほうがよい用途は、自分の場合、iPad miniでカバーできるということになる。

 1年間、iPhone 6 Plusを使っていたから、自分の使い方では、小さいほうのiPhoneがよいと迷うことなく結論を出した。

iPhone 6sはスペースグレイの64GBで、引き続きSIMフリーモデルにした。iPhone 6 Plusからカラーもストレージ容量も変えなかった
[画像のクリックで拡大表示]
Apple Watchのおかげで、時刻を確認したり、通知の内容を見たりするためだけにiPhoneを使わなくなった。しかし相変わらずiPhoneを操作したい場面はある
[画像のクリックで拡大表示]
自分の使い方では、カメラの光学手ぶれ補正機能は必須ではないと感じた。光学手ぶれ補正機能がなくても、自分にとっては十分満足のいく写真が撮れた
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
iPhone 6 Plus(左)とiPhone 6s(右)で同じような被写体を撮影した写真の情報。手ぶれ補正機能のあるiPhone 6 Plusのほうが、スローシャッターでISO感度も低くなる傾向にある