今、テレビゲーム産業に一つの問題が持ち上がっている。eスポーツが注目を集め、日本のゲーム産業全体の市場規模が1兆円を超えるなど、華々しい話題が続いている陰で、ゲームの歴史を知るための過去の資料が散逸しようとしているのだ。

 とりわけ今から40年前、1978年の『スペースインベーダー』の登場で爆発的な人気を得た時代のテレビゲームの資料が危機的な状態にある。それらは世界中のゲームにとって原点のひとつであり、歴史的資料であるにもかかわらず、多くが既に失われている。あるいは劣悪な環境で倉庫に眠ったままの状態だ。

『マッピー』の最終仕様書。完成後に清書して書かれた資料である
[画像のクリックで拡大表示]
方眼紙に手描きで描かれているキャラクターたち。これを基にドット絵が描かれた
[画像のクリックで拡大表示]
ゲームの仕組みを説明する図も、すべて残されている
[画像のクリックで拡大表示]
テストプレーを経て調整された難易度テーブル
[画像のクリックで拡大表示]