来る2017年11月18日と19日の2日間、CSチャンネル「フジテレビ ONE」で放映中のeスポーツ専門番組「いいすぽ!」が、お台場を舞台にeスポーツのイベントを開催する。それに先立ち、番組のMCを務めるバカリズムさんと、企画・プロデューサーとして番組を制作するフジテレビジョンの門澤清太氏に、現在何かと注目を集めるeスポーツについてお話をうかがった。

バカリズムさん。CSチャンネル「フジテレビONE」で2016年4月に放映を開始したeスポーツ専門番組「いいすぽ!」でMCを務める
[画像のクリックで拡大表示]

 9月に開催された「東京ゲームショウ2017」でも各種エキシビションマッチが開催されるなど、eスポーツは確実にひとつのトレンドとして広まりつつある。フジテレビは国内のテレビ局としてはいち早くeスポーツを題材に番組を制作。それがCSチャンネル「フジテレビONE」で2016年4月に放映を開始したeスポーツ専門番組「いいすぽ!」だ。

 放映開始から1年半が経過した今秋、同番組はお台場を舞台にeスポーツのイベントを開催する。「Tokyo E-sports Festival」と銘打たれたこのイベントを、フジテレビは「お台場でのゲームイベントの風物詩にしたい」と意気込むが、開催のきっかけとなった「いいすぽ!」と併せ、魅力や見どころなどをMCを務めるバカリズムさん、プロデューサーの門澤清太さんにうかがった。

――バカリズムさんが「いいすぽ!」のMCを担当されることになった経緯を教えていただけますか?

門澤清太プロデューサー(以下、門澤): バカリズムさんとは過去にアイドル番組を担当させていただいた時期があり、当時は収録の合間などにずっとゲームの話ばかりしていました。そんなご縁があったものですから、2年くらい前にeスポーツの番組を制作すると決定したときには、もうバカリズムさんしか考えられなくて。

 バカリズムさんは非常に強いゲームへの愛情を抱きながら、eスポーツに対しては入れ込みすぎず、少し引いた視点で中立的なスタンスを保てる人だと思ったんです。お声がけしてみたところ、一発で色よいお返事がいただけました。

バカリズムさん(以下、バカリズム): 当時はeスポーツがそこまで熱いことになっているとはまったく知らなかったんですが、お話をうかがってすごく興味を持ちまして、「ぜひに」と引き受けさせていただきました。

――改めて「いいすぽ!」とはどんな番組か教えていただけますか?

バカリズム: 僕らが小さい頃はいくらゲームが上手でもあくまでも趣味の範囲で、やり過ぎると親に怒られたりしていました。ゲームを職業とする人も開発者などに限られていたわけですが、今やeスポーツのプレーヤーはまるでアスリートのような存在になっています。そんなスゴい人たちに集まっていただき、トーナメント制で頂上を決める番組が「いいすぽ!」です。

 僕もゲームの腕前に少しは自信があったんですが、皆さんそれぞれ各地の大会で成績を残されているようなかたばかりなので、レベルが違いますね。まさにゲームの頂上を見られる番組です。

門澤:どのゲームもたいてい8人にご出演いただいて、その頂点を決めます。生放送なので、時間が足らなかったり、逆に余ってしまったり、枠に収めるのが大変ですね(笑)。

バカリズム: 先日も優勝者がまさに圧倒的な強さで、決勝戦でもあっという間に決着がついてしまい、7~8分、トークで持たせる必要がありました(笑)。長引いたときを考慮して収録時間を決めているので、早く終わってしまったときのほうが苦労するんです。