時計つきでインテリアになるデザイン

 ソニーのLF-S50Gは円筒形のデザインで、サイズはGoogle Homeよりやや大きい。筆者宅のリビングにある木製のテレビラックの上に置いてみたところ、ファブリック製のグリルがやさしく温かい雰囲気を醸し出してくれた。カラーバリエーションはブルーのほかにホワイトとブラックがある。常時表示されるデジタル時計機能があり、Googleアシスタントに聞かなくても時刻がすぐにわかるのが便利だ。使っていないときはただのオブジェになってしまうGoogle Homeとは違い、時計としてテーブルの上に置きやすい。LEDの明るさは本体底部のボタンで強弱を調節できる。

グーグル純正のスマートスピーカー「Google Home」よりも少しサイズは大きめ
[画像のクリックで拡大表示]
フロントパネルのLEDで時刻を表示。Googleアシスタントに毎度聞かなくても良いのがメリット
[画像のクリックで拡大表示]
「OK グーグル」と呼びかけるとフロント側にある4つのLEDランプが点灯する
[画像のクリックで拡大表示]