カシオ計算機は2018年10月31日、腕時計「G-SHOCK」シリーズの初代モデル「DW-5000C」(1983年発売)と、同じデザインのベゼルを使っている「DW-5600C」(1987年発売)を対象に、ベゼル、バンド、電池をセットで交換するサービスを期間限定で実施することを発表した。料金は9600円。金型を使わずに光成形技術でベゼルを新たに作って交換することが特徴で、この技術によってサービスが可能になったという。ベゼルの製造工程を見学させてもらった。

人気腕時計「G-SHOCK」シリーズの初代モデル「DW-5000C」(左)と「DW-5600C」(右)
[画像のクリックで拡大表示]
新たにベゼルを作って交換してくれる
[画像のクリックで拡大表示]

 サービスは専用Webサイトで2018年11月1日~2019年1月31日まで受け付け、ユーザーは申し込み後に本体を発送して交換してもらう。発送から納品まで2週間前後かかる見込みだ。