内蔵型SSDお薦め3選

 最後に、コストパフォーマンスのいい、お薦めの内蔵型SSDを紹介しておこう。

 サンディスク「ウルトラ3D SSD」シリーズは、この3モデルの中では最速。容量のラインアップは250GB、500GB、1TB、2TBとなっている。

 サムスン電子「860 EVO」シリーズは、50GBから4096GBまでの幅広い容量をラインアップしている。同社の「860 PRO」はさらに速いのだが、価格との兼ね合いで「860 EVO」シリーズの500GBモデルをお薦めする。

 サンイースト「SE800 2.5" SATAⅢ」シリーズは価格の安さがポイント。容量のラインアップは、最小120GBで最大でも960GBとなっている。

サンディスク「ウルトラ3D SSD(500GBモデル)」
(実売価格:税込み1万1400円前後)
シーケンシャルリード:最大560MB/s●シーケンシャルライト:最大530MB/s●サイズ:100.5×69.85×7.0mm●重量:40.8g
[画像のクリックで拡大表示]
サムスン電子「860 EVO(500GBモデル)」
(実売価格:税込み1万2800円前後)
シーケンシャルリード:最大550MB/s●シーケンシャルライト:最大520MB/s●サイズ:100.0×69.85×6.8mm●重量:50g
[画像のクリックで拡大表示]
サンイースト「SE800 2.5" SATAⅢ(480GBモデル)」
(実売価格:税込み9280円前後)
シーケンシャルリード:最大530MB/s●シーケンシャルライト:最大500MB/s●サイズ:100.45×69.85×7.0mm●重量:62g
[画像のクリックで拡大表示]

(文/ARENSKI)