2018年10月21日、東京都港区のTEPIAホールで、「U-22プログラミング・コンテスト2018」(以降、U-22)の最終審査会と表彰式が開催された。U-22は2014年から始まった、22歳以下を対象とする作品提出型のプログラミングコンテスト。

 最終審査会には460の全応募作品から選出された16作品が進出した。作品はゲームのほか、独自のプログラミング言語やコミュニケーション用のハードウエア、レンダリングエンジン、通信ライブラリ、刺繍の作成を支援するスマホアプリと多彩。

 最終審査会にビデオでメッセージを寄せた、審査委員でRuby開発者のまつもとゆきひろ氏は、「毎年レベルが上がっている。現代の若者たちの持っている力と、インターネットとオープンソースを通じて蓄積された人類の資産のすばらしさを強く感じることができた」とコメントした。

 若い制作者の中で、特に目をひいたのは、10歳の宮城采生(さい)さん(写真1)。宮城さんはゲームエンジン「Unity」を使って、シンプルだが完成度の高い、タワーディフェンス系とパズルの中間のようなiOS用ゲームアプリ「オシマル」を独力で作成した。

写真1●iOS用ゲームアプリ「オシマル」を開発した10歳の宮城采生さん。受賞者の中で最年少
[画像のクリックで拡大表示]

 11歳の菅野晄さんも注目を集めた(写真2)。菅野さんが開発した刺繍の作成を支援するiOSアプリ「写刺繍 ~Sha-Shi-Shu~」では、減色処理に人工知能の基本的なアルゴリズムの一つである「k平均法」を使用。会場にいたプログラミングの専門家に驚きを与えていた。ちなみに、菅野さんはプログラミングコンテストの常連参加者として有名な小学生。

写真2●刺繍の作成を支援するiOSアプリ「写刺繍 ~Sha-Shi-Shu~」を開発した菅野晄さん
[画像のクリックで拡大表示]

 各賞の受賞作品は以下の通り。リアルタイムWebアプリ用の通信ライブラリ「FastSSE」を開発した16歳の吉岡真陸さんは、最多となる4個の賞を受賞した(写真3)。

写真3●通信ライブラリ「FastSSE」を開発した吉岡真陸さん(右)は4個の賞を受賞
[画像のクリックで拡大表示]

 以下は受賞作品の一覧(敬称略)。

■経済産業大臣賞<総合>
写刺繍 ~Sha-Shi-Shu~(刺繍の作成を支援するアプリ)/早稲田実業学校 初等部6年/菅野 晄

■経済産業大臣賞<プロダクト>
サイハテドロップ(ゲーム)/東京工業大学 4年/美座 天佑

■経済産業大臣賞<テクノロジー>
Lightn Renderer Engine(レンダリングエンジン)/日本工学院八王子専門学校4年/藤巻 光平

■経済産業大臣賞<アイデア>
オシマル(ゲーム)/京都市立岩倉南小学校 5年/宮城 采生

■経済産業省商務情報政策局長賞<プロダクト>
RevivalCity(ゲーム)/日本工学院八王子専門学校/Team01
働き蟻の法則(ゲーム)/ECCコンピュータ専門学校/Unlimited Works

■経済産業省商務情報政策局長賞<テクノロジー>
SAVACS - Senior Assisting Video and Audio Communication System -(コミュニケーションのためのハードウエア)/N高等学校/矢野 礼伊
FastSSEとそれを用いたアプリの例(通信ライブラリ)/博多青松高等学校 1年/吉岡 真陸

■経済産業省商務情報政策局長賞<アイデア>
Flori(プログラミング言語)/N高等学校/緒方 俊介
BotsWars(ゲーム)/蔵前工業高等学校 3年/二瓶 風吹

■サイボウズ賞
SAVACS - Senior Assisting Video and Audio Communication System -(コミュニケーションのためのハードウエア)/N高等学校/矢野 礼伊

■Cygames賞
Projection(ゲーム)/早稲田文理専門学校/チーム投影

■OBC賞
RevivalCity(ゲーム)/日本工学院八王子専門学校/Team01

■さくらインターネット賞
FastSSEとそれを用いたアプリの例(通信ライブラリ)/博多青松高等学校 1年/吉岡 真陸

■SATORIマーケティング賞
SAVACS - Senior Assisting Video and Audio Communication System -(コミュニケーションのためのハードウエア)/N高等学校/矢野 礼伊

■日本事務器useful賞
FastSSEとそれを用いたアプリの例(通信ライブラリ)/博多青松高等学校 1年/吉岡 真陸

■PCAクラウド賞
FastSSEとそれを用いたアプリの例(通信ライブラリ)/博多青松高等学校 1年/吉岡 真陸

■フォーラムエイト賞
働き蟻の法則(ゲーム)/ECCコンピュータ専門学校/Unlimited Works

■豆蔵ホールディングス賞
Flori(プログラミング言語)/N高等学校/緒方 俊介

■CSAJ会長賞
回灯乱真展~光と錯覚の世界~(ゲーム)/専門学校HAL大阪/カズト・フルタツ美術館
CITYSCAPE(ゲーム)/専門学校サンテクノカレッジ/ゲーム制作研究会
Silhouette(ゲーム)/専門学校HAL大阪/White Company
SHADE(ゲーム)/トライデントコンピュータ専門学校/ADD
トランス・ファーの冒険(ゲーム)/早稲田文理専門学校 2年/菅原 裕一

■Best Viewers賞
写刺繍 ~Sha-Shi-Shu~(刺繍の作成を支援するアプリ)/早稲田実業学校 初等部6年/菅野 晄

(武部 健一=日経ソフトウエア)