Xシリーズとはポートレートモードが

 iPhone XRとiPhone XS/XS Maxのどちらを選ぶかを決めるうえで、最も注目すべきポイントの一つになるのがカメラ機能だ。iPhone XRのメインカメラはシングルレンズだが、iPhone XSに匹敵する高画質な写真・動画が撮れると言っていい。

 イメージセンサーはメインカメラが1200万画素、フロント側のTrueDepthカメラも700万画素で、スペック上の実力はiPhone XS/XS Maxと同等。XRのレンズユニットはXS/XS Maxの広角側・絞り値f1.8のものと同じとなっている。メインプロセッサーのA12 Bionicや機械学習のためのニューラルエンジンのパフォーマンスも同等だ。

 異なっているのはメインカメラのポートレートモードだ。iPhone XS/XS MaxとiPhone Xの場合は被写体を問わずにポートレートモードで撮れるのだが、iPhone XRのメインカメラによるポートレートモードは「人物」の撮影に特化している。筆者が使っているiPhone Xでは、メインカメラでポートレート撮影をしようとすると、被写体の種類を問わず、距離の調整が必要な場合には画面に「離れてください。」というメッセージが表示される。一方のiPhone XRでは人間をフレームに映し込まなければならないため、被写体が人物以外のものだと「誰も検知されませんでした。」というメッセージが表示される点に違いがある。そして仮にそこでシャッターを切っても普通の写真として記録されるのだ。

iPhone XRのポートレートモードは人物の撮影に特化している。人物がフレームに入ってこなければアラートが表示され、シャッターを切っても普通の写真が記録される
[画像のクリックで拡大表示]
iPhone Xとはアラートメッセージが異なる
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone XRのポートレート撮影の場合、A12 Bionicチップとニューラルエンジンによって機械学習したデータを基に、被写体となる人物の輪郭を背景と切り分けて自動的に識別する。シングルレンズでも高精彩なポートレート写真が撮れる理由はここにある。背景にボケ味を付ける処理もたったワンショットの写真からできるというから驚きだ。撮影後のデータを「写真」アプリで開いて背景の被写界深度をマニュアルで調節できる機能もある。筆者が試した限りでは、人物の髪の毛や衣服の輪郭をギリギリまでトレースして正確にボカせるので、大いに満足できた。TrueDepthカメラによるポートレート撮影も、肌色の色合いや質感が自然に表現できるし、影になった部分の明るさ補正もきれいに整えてくれた。iPhone 7で撮ったセルフィと比べてみると差は明らかだ。

 iPhone XRのメインカメラによるポートレートモードでの撮影は、iPhone XS(iPhone Xも同じ)の広角側と同じ画角のレンズで撮ることになるので、iPhone XSシリーズのポートレート撮影と比べて背景が広く写し込める。旅行先で雰囲気のあるポートレート写真を残したいときなどに重宝するだろう。メインカメラ側のポートレートライティングの効果をiPhone XSとiPhone XRで比べると、iPhone XR側には「ステージ照明」の2つがないので、合計3種類の中から選ぶ。

iPhone XRのメインカメラでポートレートを撮ってみる。広角レンズのカメラで撮影するので背景も広く写し込める
[画像のクリックで拡大表示]
iPhone Xのメインカメラでポートレートを撮ると、背景の割合は少なくなってしまう
[画像のクリックで拡大表示]
iPhone XRで撮影したポートレート写真で背景のボケ味を後から調節。写真の撮り方にも影響を受けるものではあると思うが、人物の輪郭を細かい所まで正確に捉えている
[画像のクリックで拡大表示]
iPhone XRのフロントカメラでポートレートを普通に撮影して、iPhone 7のセルフィと比べてみる。iPhone 7のカメラだと暗い印象に写ってしまうことが多かった
[画像のクリックで拡大表示]
少し暗い屋内でのセルフィもiPhone XRなら明るく、正確な質感を残して記録できる
[画像のクリックで拡大表示]
iPhone XRとiPhone 7で同じ夜景を撮り比べてみた。こちらがiPhone 7の画像
[画像のクリックで拡大表示]
auの看板の文字が読めたり、iPhone XRの夜景写真のほうが明暗部がつぶれることなく、よりたくさんの情報を伝えてくれる
[画像のクリックで拡大表示]
スーパーでオレンジの載ったワゴンを撮影。こちらがiPhone 7の画像
[画像のクリックで拡大表示]
iPhone XRのほうがディテールに富んでいる
[画像のクリックで拡大表示]