ビックカメラグループは2018年10月16日、人気のWindowsパソコン「Microsoft Surface」シリーズを残価設定型ローンで購入できる「Microsoft Surfaceアップグレードプログム」を開始した。ビックカメラおよびコジマ、ソフマップのサービスサポートカウンター設置店舗で利用できる。

最新モデルの「Surface Pro 6」。12.3型Windowsタブレットで、別売のキーボード兼カバーを取り付けるとノートパソコンのように使える
[画像のクリックで拡大表示]

残価設定型ローンとは?

 残価設定型ローンは、商品購入時の価格からローン終了時の推定買い取り価格(据置価格)をあらかじめ差し引いた金額を、分割で支払う仕組み。ローン対象金額が商品購入時の価格より低くなるため、通常のショッピングローンより月々の支払額を抑えることができる。自動車の購入で利用されることが多い方式だ。

 「Microsoft Surfaceアップグレードプログム」の場合、ローン期間は2年で、ローン終了時の推定買い取り価格は商品本体価格の約30%に設定されている。その分を差し引いた金額に、セットになっている「MicrosoftComplete+」(2年間の保証と初期設定サービスを組み合わせた延長保証サービス)の価格1万9800円を合わせた金額を、金利手数料無料の24回払いで支払う。ビックカメラグループは同様の残価設定型ローンをMacやiPadで行っており、その対象をSurfaceにも広げた形だ。

 2年経過後は、(1)使用してきたSurfaceを下取りに出して、10%増しで買い取ってもらい最新モデルに買い替える、(2)残価を支払って使用中のSurfaceを買い上げる、(3)Surfaceの使用を終了する、の3つのプランから選ぶ。

Surface Pro 6ではカラーバリエーションとして黒いモデルが設定された
[画像のクリックで拡大表示]