USB PD充電器が付属

「PowerCore Speed 20000 PD」
[画像のクリックで拡大表示]

「PowerCore Speed 20000 PD【USB Type-C急速充電器付属】」(Anker)
実売価格:実売7999円
バッテリー容量:20000mAh
サイズ:168×62×22mm、360g
バッテリー出力:USB Type-C×1、USB PD最大24W(5V/3A、9V/2.6A、15V/1.6A)/USB Type-A×1、最大10W(5V/2A)、合計17W(5V/3.4A)
バッテリー入力:USB Type-C 、USB PD最大30W(5V/3A、9V/3A、15V/2A、20V/1.5A)/microUSB、最大10W(5V/2A)
バッテリー充電時間:4時間(USB Type-CかつUSB PDの場合)

 Anker製のUSB PD対応モバイルバッテリーと、同社製のUSB PD(出力30W)に対応した小型のUSB充電器がセットになったモデル。これからUSB PD対応のiPhoneや、Androidスマホ、ノートPCなどを買う人にとっては、USB PD対応モバイルバッテリーと小型の充電器の両方が一度にそろう便利なセットだ。充電時はUSB Type-CとUSB Type-A端子を使って、同時に2台の機器を充電できる。

 ただし、モバイルバッテリー側のUSB PDの出力が24Wと、今回紹介するUSB PD対応モバイルバッテリーの中ではやや小さめだ。メーカーは、USB Type-C搭載のMacBookやMacBook Proで利用できるものの、USB PDで22W以上の出力を求めるノートPCには対応していないとしている。ノートPCでの利用も考えている人は、ノートPC側のUSB PDへの対応情報も確認しておこう。

USB PDでMacBookやMacBook Proを充電できる
[画像のクリックで拡大表示]

最新スマホ、ノートPCをそろえるならUSB PDが便利

 最新モデルや、これから発売されるスマホやモバイルノートPCは、多くがUSB PDに対応している。これから新しいデジタル機器の購入を考えている人は、モバイルバッテリーを含め、USB PD対応のものにしたほうが活用の幅が広がるだろう。大容量のUSB PD対応モバイルバッテリーもやや安価になり製品も出そろってきた。日常利用から災害対策まで、これを機に1台購入してみてはいかがだろうか。

(文/島徹)