「iPhone XS Maxを買った」というと、真っ先に「大きくない?」と尋ねられる。片手で楽々と持てたiPhone SEやiPhone 8といった過去の機種よりも大きいのは事実で、その印象は拭えない。だが、実際はiPhone 8 Plusとほぼ同じサイズだ。重さもほとんど変わらない。売れ筋のAndroidスマホと比べても、サイズや重さはほとんど同じ。過去のPlusやAndroidスマホに慣れてる人なら、小さくて軽く感じる。「Yシャツの胸ポケットに入らないから嫌だ」という主張もSNSで見られるが、この大きさならなんとか入る。

 iPhone XS Maxは厚さが7.7mmと薄く、角が丸くなっているためか、過去のPlusやAndroidスマホよりも手になじみ片手で持ちやすいと感じた。片手で持って親指で操作すると、さすがに画面上部がタップし辛い。だが「設定」にある「アクセシビリティ」の「簡易アクセス」をオンにしておけば、画面全体を下にずらすことができる。この機能を駆使すれば、片手でも難なく操作できる。

iPhone XS MaxはiPhone 8 PlusやAndroidスマホなどとほぼ同じサイズ。特別大きいわけではない。それらに慣れていれば、片手で持って操作しても違和感ない
[画像のクリックで拡大表示]
iPhone XS Maxはその気になればYシャツの胸ポケットにも入れられる。ただ、ポケットから本体が半分程度もはみ出てしまう
[画像のクリックで拡大表示]
「設定」の「アクセシビリティ」の「簡易アクセス」をオンにし、画面下部を下にスワイプすると、画面全体が下に移動し、親指でタップしやすい位置に動く。これを駆使すれば片手で持ちつつ親指で操作しやすい
[画像のクリックで拡大表示]