教育用として広く使われているプログラミング環境「Scratch(スクラッチ)」の公式イベント「Scratch Conference 2018」(2018年7月26〜28日に米ボストンで開催、関連記事その1その2)終了直後に、米マサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ教授のミッチェル・レズニック氏にインタビューを実施した。
 レズニック教授は、30年以上一貫してプログラミング教育に携わり、レゴ マインドストーム・ロボットキットやScratchなど、革新的なプロジェクトを共同で成し遂げてきた。本インタビューでは、Scratch Conferenceで明らかになったScratchの新版(Scratch 3.0)の狙いと機能や、同氏による書籍『ライフロング・キンダーガーテン 創造的思考力を育む4つの原則』での教育論について、日本で2020年から始まる小学校でのプログラミング教育必修化を前提に聞いた。なおインタビューには、日本におけるScratch活用の第一人者である青山学院大学客員教授の阿部和広氏も同席して質疑応答に参加した。通訳はMITメディアラボ博士研究員の村井裕実子氏が務めた。(聞き手は田島篤=出版局)

写真1●左から、MITメディアラボ教授のミッチェル・レズニック氏、青山学院大学客員教授の阿部和広氏、MITメディアラボ博士研究員の村井裕実子氏
[画像のクリックで拡大表示]