東京ゲームショウ2018(TGS2018)では、ゲーム動画を中心に配信サービスを行うTwitchもブースを構えていた。この出展のために来日していたTwitchのシニア・ヴァイス・プレジデントのマイケル・アラゴン氏に日本の状況や今後の展開などを聞いた。

[画像のクリックで拡大表示]

 現在、日本のTwitchは視聴者数、視聴時間ともに増えており、動画配信サービスの中で世界のトップ3に入るという。誰でも手軽に配信できることに加え、「パートナー」と呼ばれる配信者になるとアフィリエイトで収入が得られるということもあり、配信者の数が激増している。

 Twitchはもともとゲーム実況などに特化した動画配信サービスだったが、後に音楽などのコンテンツも配信可能になり、複合的なサービスとなっている。しかし、それでも核となるのはゲームで、今後は雑談などのトークを中心としたコンテンツにも力を入れていく予定だ。

シニア・ヴァイス・プレジデントのマイケル・アラゴン氏
[画像のクリックで拡大表示]

 昨年日本にも拠点ができ、専門チームがパートナーへの支援環境を整備している。さらに日本のゲームメーカーがユーザーに対して動画を配信するときにTwitchを利用するように働きかけており、Twitchの認知度向上や一般化を進めている段階だ。「クリエーターファースト」という基本理念にのっとって、パートナーへの収入を増やしていきたいと考えている。パートナーの収入が増え、パートナーが増えることで、より多くの良質なコンテンツをTwitchの視聴者に提供できると考えるからだ。