シャープは2018年10月3日、ハイエンドスマートフォン「AQUOS zero」、スタンダードモデル「AQUOS sense2」の2製品を発表した。いずれも2018年冬モデルとして発売する予定。

6.2型有機ELディスプレーを搭載する、シャープ「AQUOS zero」
[画像のクリックで拡大表示]

ハイエンドスマホは2シリーズを展開

 AQUOS zeroはシャープが自社開発した6.2型有機ELディスプレーを搭載し、大容量バッテリーを搭載しつつ約146gと軽く強度の高いボディーが特徴。同社では、6型以上・バッテリー容量3000mAh以上のスマートフォンでは世界最軽量としている。また高い処理性能やステレオスピーカーを備え、ゲームや動画再生にも向くとしている。背面のカメラはシングルカメラでイヤフォンジャックは搭載しない。

 シャープはすでにハイエンドスマートフォンとして「AQUOS R」シリーズを展開している。最新モデルは背面に静止画撮影用と動画撮影用の2つのカメラを搭載する「AQUOS R2」だ。同社では、AQUOS Rシリーズは多機能で高画質な広く一般向けのハイエンドスマートフォンであり、AQUOS zeroは高い処理性能と高画質・高音質によりゲームや動画を楽しみたいユーザーや最新ガジェット好きに向いたハイエンドスマートフォンであると位置付け、両方を展開していく。

 製品発表会でシャープ通信事業本部 中野吉朗本部長は「ハイエンドのAQUOS R2の販売は好調。スタンダードのAQUOS senseもシリーズ累計200万台を超え、2018年上期はAndroidスマートフォンシェア1位を獲得した」とスマートフォン事業の好調ぶりをアピール。「冬モデルでは国産有機ELディスプレー搭載のAQUOS zeroを投入するなどディスプレーに注力し、ユーザーの選択肢を広げる。2020年にはAndroidスマートフォンでシェア40%超えを目指す」と意気込みを語った。

シャープ通信事業本部 中野吉朗本部長
[画像のクリックで拡大表示]