マイクロソフトオフィス(Microsoft Office)とは、Excel、Word、PowerPoint、Outlookといった仕事でよく使うソフトをセットにしたものだ。会社や自宅で使っている人は多いだろう。

 このマイクロソフトオフィスは種類が多く、ライセンスの内容がそれぞれ異なるのでちょっとややこしいが、そのうち家庭向け(個人向け)にサブスクリプション形式(定額制)で提供されている「Office 365 Solo」(年額1万2744円、または月額1274円)のライセンス内容が、2018年10月2日に大きく変わった。

「Office 365 Solo」は、常に最新バージョンのオフィスソフトを利用できるサブスクリプション型の製品。これまではインストール台数に制限があった
[画像のクリックで拡大表示]