今年も9月20日から23日まで、千葉・幕張メッセで東京ゲームショウ2018(TGS2018)が開催された。出展社数は668企業・団体、総来場者数は29万8690人といずれも過去最高を記録。多くの新作タイトルやサービスが発表され、eスポーツ大会も活況だった。実際に会場の様子はどうだったのか? TGSから見えるゲーム業界のトレンドとは? 長年、TGSを見てきたライター3人がそれぞれの視点で振り返る。2回目は岡安学。

 昨年の東京ゲームショウはカプコンの『モンスターハンター:ワールド』の一強でしたが、今年は人気タイトルが分散してました(関連記事:“モンハン一強”のゲームショウ 海外勢減少が気がかり)。話題としては“キムタクが如く!”の異名を持つセガゲームスの『JUDGE EYES:死神の遺言』がダントツでした。それにカプコンの『バイオハザード RE:2』、スクウェア・エニックスの『キングダムハーツIII』、コーエーテクモの『無双OROCHI3』などが目立っていました。他にも人気のタイトルは多く、粒ぞろいな印象です。

キムタクの巨大看板が圧巻のセガゲームスブース。『JUDGE EYES:死神の遺言』以外にも『キャサリン・フルボディ』や『ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス』など、注目タイトルが豊富にありました
[画像のクリックで拡大表示]
カプコンブースの『バイオハザードRE:2』コーナー。ビジネスデイでも整理券は午前中に配布が終了していました
[画像のクリックで拡大表示]
コーエーテクモゲームスブース。『無双OROCHI3』や『DEAD OR ALIVE6』など、人気タイトルの新作に注目が集まっていました
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のブースでは、ゲームタイトルではありませんが、「プレイステーション クラシック」が人気を集めていました。ここ数年の旧作ハードの複数ソフト内蔵タイプのミニチュア化は、PlayStationにも波及しているようです。タイトルの全貌が明らかになる前にこの人気は大したものです(関連記事:「プレイステーション クラシック」実機にヤバいほどの人だかり【TGS2018】)。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントブースの「プレイステーション クラシック」(写真/赤坂麻実)
[画像のクリックで拡大表示]

 個人的に面白いと思ったのは、Google Playブース。会場に点在しているGoogle Playの三角形のアイコンを探し、そこにある二次元コードをスマホで読み取って、グーグルのポイントサービス「Google Play Points」を獲得。一定のポイントがたまると巨大ガチャを回せるというもの。探すといっても、スマートフォンで設置してある場所は確認できるうえ、数カ所回るだけでポイントはたまります。それでいて、パーカや人気ゲームのぬいぐるみ、試遊台の優先試遊券など、獲得できる景品はなかなかのもの。しかも、かなりの高確率で高価な景品が当たりました。

Google Playブース。写真右の巨大アイコンが巨大ガチャ。一般公開日ではこれを中心に長蛇の列ができ、景品交換まで90分の待ち時間ができていました
[画像のクリックで拡大表示]