「企業Twitter×ダンボー 中の人コレクション」(タカラトミーアーツ)。ツイッターの人気企業アカウントの「中の人」と「ダンボー」がコラボした、カプセル入り玩具
[画像のクリックで拡大表示]

 「『#企業中の人ダンボー』で投稿してね!」――。タカラトミーアーツが2018年6月に発売した「企業Twitter×ダンボー 中の人コレクション」は、ツイッターの人気企業アカウント担当者と、マンガ『よつばと!』シリーズに登場する「ダンボー」がコラボしたカプセル入り玩具。企業の公式アカウントが生んだヒット商品だ。

 タニタや東急ハンズなど、タカラトミーとツイッター上で交流がある企業を商品化した。キングジムは頭にファイルが載り、セガは顔や服装がゲーム「龍が如く」風といった具合に、各社を象徴する個性的な外見が特徴だ。頭部の吹き出しには「#手羽ヤメレww」など、企業ごとになじみのツイートが書き込まれている。

発売第一弾は東急ハンズ、キングジム、タニタ、セガ、タカラトミーにシークレットを加えた6種で展開。各300円(税込み)
[画像のクリックで拡大表示]

 開発のきっかけは、一部の企業公式アカウントが絶大な人気を誇ることに、タカラトミーアーツのカプセル玩具開発担当者が目を付けたこと。18年1月中旬にはタカラトミーの公式アカウントを通じて、「企業公式ツイッターの中の人をテーマにしたガチャとかって欲しいですか」とフォロワーに質問。前向きな声が多数を占めたため、商品化に踏み切った。

 発売後は画像付きで商品をツイートする購入者が続出。「日ごろからツイッターを通じてファンの醸成ができている企業ばかりだった点も、購買を後押しした」(タカラトミー担当者)。販売好調で、10月には一部リニューアルを加えて再販する予定だ。

 思わぬ「バズり」がきっかけで商品が生まれることもある。キングジムは17年3月14日の「円周率の日」に、社内でボツとなったノートの企画を公式アカウント上で披露。これが思わぬ話題になり、商品化を望む人からの声が続出した。そこに目を付けたロフトは即日、キングジムにアプローチ。約4カ月後の7月下旬に、「円周率ノート」として全国のロフトで一斉発売となった。

ツイートを見たロフトがキングジムに連絡。商品化を提案し、約4カ月後に販売を開始した
[画像のクリックで拡大表示]
「円周率ノート」(キングジム×ロフト)。ケイ線の代わりに円周率を示す数字が並ぶアイデアノート。2色展開。各411円(税込み)
[画像のクリックで拡大表示]

 公式アカウントを通じた「出会い」がもとで、思わぬヒット商品が生まれることも少なくない。18年7月にセガが期間・数量限定で発売した「セガのたい焼き 大粒納豆味」がそれだ。納豆好きのセガ担当者が投稿した納豆関連のツイートに、北海道室蘭市の老舗納豆メーカー内藤食品工業の公式アカウント担当者がリプライしたのがきっかけ。1年後に同商品が誕生した。ゲームセンター「セガ池袋GiGO」のたい焼き店で期間・数量限定発売したところ、「連日売り切れの人気となった」(セガ担当者)。

「セガのたい焼き 大粒納豆味」(セガ×内藤食品工業)は北海道産大豆を使用した納豆入りたい焼き。セガ公式ツイッター担当者が納豆関連のツイートをしたところ、北海道室蘭市の老舗納豆メーカー内藤食品工業がリプライしてコラボが実現
[画像のクリックで拡大表示]
「チョコミントあん」
[画像のクリックで拡大表示]
「チリドッグ」。「チョコミントあん」と「チリドッグ」は、ツイッターでつぶやいたら爆発的に売れた
[画像のクリックで拡大表示]