今年も9月20日から23日まで、千葉・幕張メッセで東京ゲームショウ2018(TGS2018)が開催された。出展社数は668企業・団体、総来場者数は29万8690人といずれも過去最高を記録。多くの新作タイトルやサービスが発表され、eスポーツ大会も活況だった。実際に会場の様子はどうだったのか? TGSから見えるゲーム業界のトレンドとは? 長年、TGSを見てきたライター3人がそれぞれの視点で振り返る。初回は野安ゆきお。

 今年の東京ゲームショウは、近年まれに見る大成功だった。大作ソフトがずらりとそろい、入場者数は過去最多を記録。私は例年、日経トレンディネットで女性タレントの体験レポートを担当しており、10タイトル前後の試遊に同行するのだが、今年は話題作全てを網羅することが物理的に不可能だった。こんなTGSは、ちょっと記憶にない。

・関連記事:【TGS2018】水沢柚乃の「露出狂ゲーマーではありません!」

人気シリーズや名作のリメークがずらり

 会場全体の傾向としては、「〇〇周年記念!」と銘打ったタイトルが多かったことを挙げておきたい。20~30年前から続く人気シリーズの最新作はもちろん、過去にリリースされ、名作と呼ばれたソフトのフルリメーク作品など、昔ながらのゲームファンの心をつかむタイトルが多かったのだ。日本のゲーム文化が蓄積してきた“財産”を見せつけたゲームショウだったといっていい。

 裏を返せば、新機軸のタイトルが大々的にアピールされていなかったということでもあるのだが、それは、東京ゲームショウが「アーリーアダプターに向けた、まだ見ぬタイトルをアピールする場」としての役割を終え、一般のゲームファンに満足してもらい、「SNSなどを介して話題を拡散してもらうための場」へと変容しつつあるからだろう。

 これは東京ゲームショウのみならず、諸外国でも見られる傾向だ。ゲーム展示会は、ゲームファンが集う“年に一度のお祭り”としての側面が強まっている。TGSはそんな時代の潮流に乗って、大作やシリーズ作を前面に押し出す方向へとモデルチェンジし、華々しい成功につながったと考えている。

『バイオハザード RE:2』は、往年の名作の最新ハードでのフルリメーク版。このように、今年は過去の財産を活用したソフトが目立っていた(写真/志田彩香)
[画像のクリックで拡大表示]