東京ゲームショウ2018の「e-Sports X RED STAGE」では9月23日、「GENERATION(世代)」をテーマにeスポーツ大会「ぷよぷよチャンピオンシップ in TGS2018」が開催された。

「ぷよぷよチャンピオンシップ in TGS2018」が開催されたのは、11ホールの「e-Sports X RED STAGE」
[画像のクリックで拡大表示]

レジェンドと新世代の対決

 俗に“落ちもの”と呼ばれるアクションパズル『ぷよぷよ』は、27年もの歴史を誇る長寿の作品。それだけにプロ選手の中にはその活動歴の長さから“レジェンド”と呼ばれる著名な選手がいる。一方で、新作の発売を機にプレーを始め、頭角を現してきた新世代の選手も増えている。

 今回の大会では、「レジェンド」と「新世代」、各9人が参加し、1回戦で必ず新旧世代が激突するように抽選が行われて、組み合わせが決定した。同時にぷよぷよの公式Twitterアカウントでは、どちらの世代が勝利するのかを予想するキャンペーンも行われた。それを表すように「GENERATION WARS」という副題も付けられている。

今大会のトーナメント表。青地に名前が書かれているのが「レジェンド」、赤地が「新世代」の選手だ
[画像のクリックで拡大表示]
「レジェンド vs 新世代」が今大会のテーマ。左からMCの椿彩奈さん、実況の齋藤寿幸さん、スペシャルサポーターの橘ゆりかさん
[画像のクリックで拡大表示]

 大会はMCに椿彩奈さん、実況に齋藤寿幸さん、スペシャルサポーターに橘ゆりかさんが登壇して開幕。使用タイトルはPlayStation4版の『ぷよぷよテトリス』で、「ぷよぷよ」VS「ぷよぷよ」の「VS」モード、ルールは『ぷよぷよ通』のものが採用され、2本先取で1セットを獲得、2セット先取で勝利となる。

 一般的にeスポーツの大会では、動体視力や反射神経が求められるため、若いプレーヤーが有利ともいわれるが、ぷよぷよでは自分のフィールドだけを見ていては勝負にならない。いかに大きな連鎖を組み、大量の“おじゃまぷよ”を相手フィールドに降らせるかという技量はもちろん、相手の行動を見据えてタイミングよく小さな連鎖を消し、ジャブを打って相手に思いどおりの行動を取らせないといった、即応性のある戦術も求められる。ここに“レジェンド”が活躍できる理由がある。経験を積んだことで得られる“勘所”がものを言うケースが多々あるのだ。

 今大会でも全般的にレジェンド側の勝利が続いた。1回戦が終了した時点で、レジェンドが6人も残っていたのに対し新世代は2人と、新世代がかなりの劣勢。そうした世代間の格差とは別に、4、6、8月の大会で優勝した、くまちょむ選手(レジェンド)、マッキー選手(新世代)、Kamestry選手(レジェンド)の3人が1回戦で敗退するという波乱も起きた。

 この大会でユニークなのは、会場の大スクリーンに、出場者の心拍数がリアルタイムの計測値として表示されることと、大会に出場している選手たちが交代で実況席に呼ばれ、自分が出ていない試合の解説を担当すること。

 リアルタイムで変化していく心拍数は、個人差があるとはいえ出場者の内面を推し量る一つの材料になるし、自らも出場している大会で“解説者”として語る選手たちの言葉には、ライバルに対する“分析”が現れていて、かなり興味深い。しかも解説に呼ばれた選手はいずれも状況や戦術についての説明が巧みで、分かりやすかった。

こうして実況席に出場選手が呼ばれ、試合の解説を担当する。写真のくまちょむ選手は「ぷよぷよチャンピオンシップ」4月大会の優勝者
[画像のクリックで拡大表示]
高校生でプロライセンス認定を受けたことでも知られるマッキー選手。間違いなく「新世代」を代表する選手で、優勝したざいろ選手を何度も破っている
[画像のクリックで拡大表示]