9月23日、東京ゲームショウ2018の会場内に設置されたe-Sports X(eスポーツステージ)で、「ウイニングイレブン 2019 オンラインCO-OPトーナメント」が行われた。8月にインドネシア・ジャカルタで開催されたアジア競技大会の公開競技として採用され、 2019年秋に予定されている「いきいき茨城ゆめ国体」(第74回国民体育大会)の競技にもなっている「ウイニングイレブン(ウイイレ)」。今回の大会は、3人同時に操作する3対3のCO-OP戦での頂点を決める大会である。

 今回使用されたソフトは、8月30日に発売されたばかりの「ウイニングイレブン2019」。トッププロたちもまだゲームの細部を研究している段階で、手探り状態でのプレーだったが、さすがというべき素晴らしいプレーが連発した。3人が同時に操作する3対3の試合のため、ソロプレーでの実力者が必ずしも有利ではない。チームとしての成熟度の高さや“阿吽の呼吸”がものをいう、チームスポーツとしての魅力を持つ大会でもあった。

 今回の大会に参加したのは、プロライセンス保持者による5チーム、メディア大会の上位2チーム、茨城国体のプレ大会で優勝した1チームの、計8チーム。この中から事前に行われた予選を勝ち抜いた4チームが、e-Sports Xのステージに進出し、トーナメント方式で優勝を争った。なお、この大会の優勝チームは、2019年に行われるサウジアラビアとの国際親善試合への出場権を獲得する。

席を埋める多くの観客たちの前で、「ウイイレ」の国内最強チームの決定戦が行われた
[画像のクリックで拡大表示]