東京ゲームショウ2018のeスポーツイベント「e-Sports X(イースポーツクロス) BLUE STAGE」にて、『ストリートファイターV アーケードエディション』の公式大会「カプコンプロツアー ジャパンプレミア」が開催された。参加者は700名を超え、9月22日に予選会が行われ、23日の本戦では予選を勝ち抜いた8名による決勝トーナメントが行われる。

 申し込みをすれば誰でも参加できる大会なので、筆者も取材がてら参加してみた。今回は、予選での様子をお届けする。

 予選会は朝10時にスタート。トップ8が確定するまでに20時近くまでかかった。

 予選はプールと呼ばれるミニトーナメントに各選手を振り分け、ウイナー1人が勝ち抜けることができ、次のプールに進むことができる。

 今回の大会は、ダブルエリミネーション方式を採用しており、1回負けるとルーザーズサイドのトーナメントに移動し、そこで負けると敗退となる。筆者は初戦を落とし、早々にルーザーズ行きに。そこから2勝するものの、ルーザーズ準決勝で敗退。残念ながら念願のプール抜けは叶わなかった。

EVO Japanに引き続き、プレーヤーとしても参加。結果は前回より良し
[画像のクリックで拡大表示]