東京ゲームショウ2018の最後を締めくくる大会となったのが、『ストリートファイターVアーケードエディション』のeスポーツ大会「カプコンプロツアー ジャパンプレミア」。参加者723人から勝ち抜いた8人が頂点を目指して戦う決勝大会が9月23日、e-Sports X BLUE STAGEで行われた。優勝したのは、ルーザーズサイドから勝ち上がり、劇的な逆転劇も見せたときど選手だった(予選の様子は有名選手が間近に! カプコン「ストV」の大会に参加した【TGS2018】に詳しい)。

参加者723人を勝ち抜いてきた8人がしのぎを削り合った
[画像のクリックで拡大表示]
司会の椿彩菜さんとゲストの関根勤さん、歌広場淳さんが大会に彩りを添えた
[画像のクリックで拡大表示]

2回負けたら敗退のトーナメント戦

 カプコンプロツアー ジャパンプレミアは、ダブルエリミネーション方式のトーナメント。1回負けると「ルーザーズサイドトーナメント」に移行し、そこで負けると敗退となる。決勝トーナメントでは、ウイナーズサイド4人、ルーザーズサイド4人の計8人によって争われた。

 決勝トーナメントに残ったのは、ウイナーズサイドのふ~ど選手、ネモ選手、NuckleDu選手、Oil King選手、ルーザーズサイドのときど選手、Trashbox選手、NL選手、ZJZ選手。日本人選手4人、台湾人選手2人、韓国人選手1人、米国人選手1人となった。

左がウイナーズサイドで勝ち抜いた4人。右がルーザーズサイドで勝ち残った4人
[画像のクリックで拡大表示]

 試合展開は、米国ラスベガスで開催された大会「EVO」での3位をはじめ、安定して好成績を残しているふ~ど選手の強さが際立つ展開。危なげなくウイナーズファイナルを制し、グランドファイナルに進出した。ルーザーズサイドでは、優勝候補の1人、ときど選手が試合を重ねるごとに調子を上げていき、ルーザーズファイナルを制し、グランドファイナルに進出した。

危なげなく勝ち進むふ~ど選手
[画像のクリックで拡大表示]