東京ゲームショウ2018一般公開日の2日目のe-Sports X(eスポーツステージ)では、バンダイナムコエンターテインメントの人気対戦格闘ゲーム『鉄拳7』で争う、「鉄拳プロチャンピオンシップ 日本代表決定戦」が開催された。大会は「大阪の破壊神」の異名を持つ破壊王選手が激戦の末、大逆転勝利を収め、高額賞金と日本代表選手の権利を得た。

東京ゲームショウ2018会場で人気対戦格闘ゲーム『鉄拳7』の大会が開催され、破壊王選手(写真中央)が勝利した
[画像のクリックで拡大表示]

 「鉄拳プロチャンピオンシップ 日本代表決定戦」は東京ゲームショウ2018ビジネスデイ2日目の2018年9月21日(金)にDay1、一般公開日2日目の2018年9月23日(日)にDay2の、2日間にわたりダブルイリミネーショントーナメント方式で開催された。『鉄拳7』のプロライセンスを所持する選手9名の中から、国際大会に派遣する日本代表選手を決定する大会となる。

 『鉄拳7』のプロライセンスは、一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)が公認する大会において好成績を収め、取得に相応しいと判断された者に対して発行されるという。今大会で好成績を収めた者は、2018年11月に台湾で開催される「第10回eスポーツワールドチャンピオンシップ」や、2019年1月にサウジアラビアで開催される「日本・サウジアラビア eスポーツ 国際親善試合」に日本代表選手として派遣される予定だ。

 また、優勝者には賞金60万円、準優勝者に35万円、3位には15万円の高額賞金が提供される。また、『鉄拳7』には体力が減ったキャラクターの攻撃力が自動的に上がる「レイジシステム」というシステムがあり、その状態で利用出来る「レイジアーツ」または「レイジドライブ」という技でKOを奪った場合、その回数分だけ1万円が支給される。

 今回の大会は各動画配信サイトで生中継されるほか、BSスカパーによる衛星放送での放映が予定されており、注目度が高さが伺える。

大会ゲストとして声優の小野坂昌也さんと原由実さんが登場し、開戦コールやプレゼンターなどを務めた
[画像のクリックで拡大表示]