東京ゲームショウのe-Sports X(eスポーツコーナー)で9月22日、「パズドラチャンピオンシップ TOKYO GAME SHOW 2018」が開催された。『パズドラ』のプロゲーマー4人による頂上決戦で、賞金総額はなんと1000万円。8月の予選を勝ち上がった3人と、決勝当日の敗者復活戦を勝ち上った1人によるトーナメント制の大会である。

 予選を勝ち上がったのは、パズドラチャレンジカップ2018対戦部門3位の「ふぃあれす」選手、パズドラオープンカップ2018年優勝の「リフレッシュ」選手、第4回パズドラジャパンカップ優勝の「ゆわ」選手の3人。ここに敗者復活を勝ち上がった「スー☆」選手が加わり、決戦の火ぶたは切って落とされた。

『パズドラ』のプロゲーマーたちによる頂上決戦。多くの観客たちの熱気に包まれていた
[画像のクリックで拡大表示]
大会に参加したのは、左からリフレッシュ選手、スー☆選手、ふぃあれす選手、ゆわ選手の4人。
[画像のクリックで拡大表示]

 『パズドラ』大会は、ゲームの実力はもちろんだが、どのようなチームを組むかという編成力、そして相手のチーム編成にうまく対処することが勝敗に大きく影響する。

 今大会では、選手が試合に使えるのは4チームまで。しかも編成は事前登録制であり、当日の変更は不可。加えてリーダーのモンスターは全部異なるものにする必要があり、チーム編成に使用するモンスターも、4チーム分(20体)をすべて異なるものにするという制限が設けられた。

 ポイントとなるのは、どのリーダーを選んだかは事前に公開される一方、残りのモンスターは大会直前まで伏せられていることだ。対戦相手が、どのモンスターをチームに組み込み、どんなスキルを用意してくるかの膨大な全パターンを想定し、事前に対処しておく必要がある。試合中もどのモンスターを何ターンめに使用してくるかを探り合いながらの戦いになり、きわめて高度な心理戦が展開するのである。

 試合は2本先取制。1度使用したチームは同じ試合で再登場させないこと、これがこの大会の重要ポイントだった。大会初戦で2-0のストレート勝ちすれば、2チームの編成を隠したまま決勝に挑めることになり、圧倒的に有利になるのである。初戦から出し惜しみはできないのだ。

 ここまで高度な読み合いが行われるゲームであるにもかかわらず、パズルフェイズで「どんなブロックが落ちてくるか?」によってコンボが追加されるかどうかが変わり、勝敗の機微は変化する。これが『パズドラ』の妙味であり、手に汗握る戦いを生む最後のスパイスなのだ。

抽選によって対戦相手が決定。第1試合はリフレッシュ選手対スー☆選手、第二試合はふぃあれす選手とゆわ選手というカードに。
[画像のクリックで拡大表示]
どんなモンスターをチームに組み込んでいるかは、試合直前になるまで伏せられている。
[画像のクリックで拡大表示]