9月20日午後2時30分――。e-Sports X(eスポーツステージ)で、[FIFA 19]日本-オランダ eスポーツ国際親善マッチ「浦和レッズダイヤモンズ vs. フェイエノールト・ロッテルダム」が開催された。日欧強豪選手たちによる国際親善試合である。

 フェイエノールトといえば、かつて浦和レッズに所属していた小野伸二選手が在籍したことでも知られるオランダの名門サッカークラブ。eスポーツのチームを持っており、ここから来日した2人のトップ選手を、浦和レッズの代表が迎え撃つという構図だ。

 試合に先立ち、ステージには一般社団法人日本eスポーツ連合会長・岡村秀樹氏、そしてオランダ駐日大使アルト・ヤコビ氏が登壇。岡島氏は「ヨーロッパ屈指のスポーツ大国、そしてeスポーツ大国であるオランダとの親善試合との試合」について語り、ヤコビ氏は400年以上にわたる日本とオランダとの親善が、このような新しい形で発展したことをうれしく思う」と語るなど、和やかな雰囲気で親善試合の幕は切って落とされた。

日蘭を代表するサッカークラブが、サッカーゲーム『FIFA18』で対戦するという記念すべきイベントである。
[画像のクリックで拡大表示]
一般社団法人日本eスポーツ連合会長岡村秀樹氏(右)、そしてオランダ駐日大使アルト・ヤコビ氏(左)。
[画像のクリックで拡大表示]