もう一つ注目を集めていたのが、VRコントローラーを投げて楽しむ「トーヤラケット」だ。標的に向かって武器を投げていくタイトルだ。

トーヤラケットは、実際にはヘッドマウントディスプレーの「HTC Vive」のコントローラーをどんどん奥へと投げて遊ぶ。投げたコントローラーは、ゲームセンターのボールゲームの様に奥から手元へ滑るように戻ってくる
[画像のクリックで拡大表示]

 VR機器のコントローラーは手や腕の動きを検知するために複数のセンサーを搭載した精密機器だ。たとえばボールを投げるようなコンテンツでも、実際にはコントローラーを投げずにトリガーボタンを押すだけというのが一般的だ。

 だが、トーヤラケットでは実際にコントローラーを投げることで、爽快感を演出している。ゲーム中で武器を本来はあり得ない力で投げたり、たとえホーミングしたとしても、本当に自分が投げたような自然な感覚が残る。

 VRタイトルでも実際に体を動かして楽しみたい人は、ハシラスブースを訪れてみてはいかがだろうか。

(文・写真/島徹)