ホール7にあるPUBGブースのステージでは9月21日の11時から「PUBG e-Sports カンファレンス」が開催された。PUBG Corp.のCEOであるキム・チャンハン氏、同社TOKYO OFFICE室長の井上洋一郎氏、DMM GAMESの最高経営責任者の片岸憲一氏らが登壇。PUBG Corp.としてのeスポーツへの取り組みなどを明らかにした。

ホール7のPUBGブース中央にあるメインステージにて、「PUBG e-Sports カンファレンス」が開催された。まさに明日22日にここを舞台にPJSのシーズン1が開幕するのだ
[画像のクリックで拡大表示]

 最初に登場したのはCEOのキム・チャンハン氏。まずはTGS2018にブースを構えることができるくらいい日本でバトルロイヤルゲーム「PUBG」が受け入れられていることへの感謝を述べた。

 広大なフィールド内で戦闘が散発する「PUBG」は、eスポーツ用のタイトルとしてはいくつものハードルがあった。だが、現在では多くの大会が開催されるまでになり、先日もドイツでプロゲーマーによる世界大会が開催された。インターネット配信ではあるが、全世界の1億人以上が視聴するなど、大成功を収めたという。

まずはPUBG Corp.のCEO、キム・チャンハン氏が「PUBG」の現状などをスピーチ
[画像のクリックで拡大表示]

 日本ではDMM GAMESをパートナーに「PUBG」のリーグ戦「PJS」のαリーグとβリーグが開催中だ。DMM GAMESの片岸憲一氏は、リーグの配信を通じて、より多くの人にPUBGの門戸を開くべく試行錯誤したこと、これに「PUBG MOBILE」のリリースなどの後押しもあり、視聴者数が著しく増加していると説明。今ではAMDやサントリー、ビックカメラなど、10数社の企業がスポンサーとして協力するようになったという。

 この結果、「PJS」はPUBG Corp.が公式に認定した国内リーグとして開催される。片岸氏は、このPUBG特設ブースにて記念すべきシーズン1が明日(22日)より開幕されること、シーズン1では20チーム総勢80名による戦いが繰り広げられることを明らかにした。世界大会に選手を輩出するほど高いレベルでリーグを運営してきたと自負するDMM GAMESは、PJSが世界を代表するリーグとなることを目標に掲げると宣言した。

DMM GAMESの片岸憲一氏は同社が取り組んできたPJSの実績と、それが認められ、改めて公式リーグとして開幕する運びとなったことを報告
[画像のクリックで拡大表示]

 DMM GAMESではPJSに参加するチームと企業をマッチングすることにより、選手の収入の安定と自立できる仕組みをサポートしていく方針であり、またリーグの興行化にも取り組んでいく計画だ。