ロマンスゲームコーナーでひと際目を引いたのが香港のアプリ開発メーカーZOOMOBのブースだ。「世界に乙女ゲームを推し」という不思議な日本語コピーもアイキャッチ抜群だが、ゲームのキャラのグラフィックの濃さに驚いた。

 ハリウッド映画の看板か、はたまたハーレクイン・ロマンスの表紙のようなアメコミ寄りの劇画調。線が細くて美麗なグラフィックが主流の日本の乙女ゲームに慣れた目には刺激的すぎる『HEART BEAT』(iOS、Androidで配信)のキャラクターたち。

 モデルのような幼なじみからセクシーな年下系悪魔、イケメンすぎる海外名男優など、ゴージャスな攻略ターゲットは10名以上。それぞれに隠しシーンがあり、やりこみ要素もしっかりある。

 「乙女ゲームを世界に広めたい」と語るZOOMOBのプロダクトマネージャーCHAN氏は現在、ヨーロッパをターゲットにしているという。アジア圏で主流の美麗調ではなく、ちょっとアダルトな劇画調のグラフィックでシェア拡大を目指してしている。

 ゲームの言語は、スペイン語、ポルトガル語、英語で、将来的には日本語での配信も視野に入れているそうだ。現在、48万以上のダウンロードを達成しているとか。

 とにかく濃厚ソースを二度づけしたような濃いキャラクターたち。胸板バーン! 上腕二頭筋もりもり。折れそうな細腰の男子に物足りなさを感じる女子は遊んでみる価値大あり。乙女ゲームが世界を制す日は近い!?

真紅のバラが似合うゴージャスでアダルトな男性とラブアフェア。この濃さに酔いそう
[画像のクリックで拡大表示]
「乙女ゲームを世界に広めたい」と意気込むZOOMOBのスタッフ。インド向けの恋愛シュミレーションゲームも開発している
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/永浜敬子)