いまだ決定打がなく、スマートウォッチのあるべき姿を模索している――。これは、ドイツ・ベルリンで2016年9月2日から7日にかけて開催された世界最大の家電見本市「IFA」を取材して感じたことだ。

 IFAでは、サムスンが2014年にスマートフォン「GALAXY Note 3」と同時にNote 3と連携して通話もできるスマートウォッチ「GALAXY Gear」を発表して以来、各社のスマートウォッチの発表が集中するようになってきた。

 サムスンは今年2016年も「Gear S2」の改良版ともいえる「Gear S3 classic」「Gear S3 frontier」を発表。昨年に続き、IFAで最新のスマートウォッチをお披露目した。

ドイツ・ベルリンで開催されたIFAには、さまざまなスマートウォッチが出展された
[画像のクリックで拡大表示]
よりデザインをアナログ時計に近づけた「Gear S3 classic」
[画像のクリックで拡大表示]
アウトドアウォッチのテイストを取り入れた「Gear S3 frontier」
[画像のクリックで拡大表示]

 2機種のGear S3は、円形でベゼルが回転するGear S2の特徴を継承しつつ、デザインにバリエーションを持たせているのが特徴。サムスンの無線事業部副社長、イ・ヨンヒ氏が「選択肢の多様性を、ウェアラブルの資産の上に構築していく」と語っていたように、外観をより時計に近づけ、デザインの幅を広げていくことに力点が置かれていたようだ。

ベゼルを回転させて操作するユーザーインターフェースは、継承されている
[画像のクリックで拡大表示]