従来からの変化が少ないと思われがちな「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」だが、さまざまな点で利便性が向上していた
[画像のクリックで拡大表示]

 1年ぶりとなるiPhoneの新機種「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」が登場する。SNSでは「これまでと見た目が変わらないので新鮮味に欠ける」「斬新な機能がなかった」といった否定的な意見を目にすることも少なくない。確かに、前面のデザインはiPhone 7/7 Plusとまったく変わらず、端末をクルリと裏返して背面を見ない限り新機種であることを実感しづらいのは事実だ。

 だが、iPhone 8/8 Plusを実際に試用してみると、多くの人がスマホで重視するカメラ機能が着実に進化したという印象を受けた。さまざまな光源が混じるシーンでも人物の顔は健康的に、食べ物はおいしそうな色あいに仕上がり、写真の印象が好ましくなった。iPhone 8 Plusで新たに加わった「ポートレートライティング」も、人物を明るく生き生きとさせる効果が得られた。総じて、若年層が重視する「SNS映え」を意識した改良になったのではないかと感じた。

 歴代のiPhoneで本格的な撮影を手がけてきた三井公一カメラマンの協力を仰ぎ、カメラ機能の進化を中心にiPhone 8/8 Plusの実力をチェックしていきたい。

iPhonegrapherとして知られる三井カメラマンの協力のもと、カメラ機能を中心にiPhone 8/8 Plusの実力を検証した
[画像のクリックで拡大表示]

背面のガラスパネル化で質感が向上、iPhone 7シリーズ用のケースが使える

 前述の通り、iPhone 8/8 Plusは前面から見た限りはiPhone 7シリーズやiPhone 6/6sシリーズとの違いが分からないほどで、目新しさはない。だが、背面をガラスパネルに置き換えたことで、質感は明らかに向上した。上下のアンテナラインの処理もよりスッキリとしたうえ、下半分には「iPhone」以外の細かな文字がなくなり、アップル製品らしいシンプルさが際立つ仕上げとなっている。背面のガラスパネルは指紋が目立ちにくい印象で、手のひらや指に吸い付くような触感も心地よい。キズも容易には付きにくそうで、ケースに入れずに使いたくなる。

iPhone 8(右)とiPhone 8 Plus(左)。iPhoneらしいデザインを継承しており、背面パネルを見ない限りはiPhone 6/7シリーズと区別がつかないほど
[画像のクリックで拡大表示]
背面はガラスパネルをはめ込んだ処理に一新。背面がガラスパネルなのはiPhone 4S以来で、見た目にも触感的にも久々の感触だ
[画像のクリックで拡大表示]

 本体はやや重くなった。iPhone 8は148g(iPhone 7比で+10g)、iPhone 8 Plusは202g(iPhone 7 Plus比で+14g)と、数字上の差は数%程度にとどまるが、手にすると意外にズッシリとした印象を受ける。特に、軽量だったiPhone 6/6 Plusからの乗り換えでは重くなったという印象が増すはずだ。背面パネルをガラスに変更したことや、新たに非接触充電機能を搭載したことが重量アップの要因とみられるが、この点は美しいデザインや充電の利便性と引き換えで納得すべきだろう。

 評価したいのが、本体サイズをiPhone 7/7 Plusから0.1mm単位のわずかな違いにとどめた点だ。アップル純正のケースはiPhone 7/8シリーズで共用と明記されており、サードパーティー製のiPhone 7/7 Plus用ケースもそのまま使えるはず。すでに店頭に並んでいる多くのケースが使えるのは、大きなメリットといえる。

iPhone 8 Plus(左)とiPhone 7 Plus(右)。素材の違いはあるが、本体サイズはほとんど同じ。すでに多く市販されているケースやカバーが基本的にそのまま使え、製品が出そろうのを待つ必要がないのは魅力的だ
[画像のクリックで拡大表示]