全出展社数614社・団体のうち、海外勢が345社・団体を占めた今年の東京ゲームショウ。ビジネスデイの終了後は、出展者、来場者の交流を図るインターナショナルパーティーが開かれた。このパーティーは、海外からの出展が増え始めた数年前から開催されているもので、「プレスなどを通じて告知していますが、(参加者は)外国の方がほとんど。このパーティーを楽しみにしている方もいるそうです」(担当者)。では、実際にどんな人たちがしているのか、パーティーに潜入して参加者の話を聞いた。

 最初に話を聞かせてくれたのは、スペインから来たダニエルさん。『パズドラ』に似たアクションゲーム「 PHOBOS CHILDREN 」を個人で開発しているという。一昨年、昨年と「インディーズコーナー」に出展していたが、今年はビジターとして来場したとのこと。

[画像のクリックで拡大表示]

 いかにもラテン系のウエルカムな感じで質問に答えてくれたのが、(写真左から)カラさん、ローレさん・ヒデトさんご夫妻、ジンさん。名前でお気づきかもしれないが、右の男性2人は日系で、ジンさんは日本在住10年とのこと。また、ヒデトさんは、アルゼンチンのウェブメディア「CHECKPOINT」の取材で来日したと言う。

 一方、左端のカラさんは、スペインの超人気ユーチューバー。彼のYoutubeアカウント「Lolweapon」のチャンネル登録者数は約88万人だ。日本大好きなカラさんは、ゲームショウの様子をYoutubeにアップするために来場したそうだ。アルゼンチンの人たちとはスペイン語つながりでお友達に。

[画像のクリックで拡大表示]

 こちらの4人は、オランダの「インターナショナル・ゲーム・アカデミー」の先生と生徒さん。生徒であるイェルンさん、シッジスさんが開発したロボット対戦ゲーム『天使とダンス』のプロモーションに来たそうだ。右の2人、レーネさんとマーティンさんはそれぞれ、デザイン&プロダクションの先生、VRリサーチャー&デベロッパーとのこと。

[画像のクリックで拡大表示]

 ちょっと疲れた感じで階段に腰掛けていたのは、フランスから来たスタニスラさん(左)とティエリーさん。「3DRUDDER」という、足で操作する円盤型のVRモーションコントローラーを紹介するために出展した。「いろいろな人が興味を持ってくれたよ」とスタニスラさん。さすがに実機は持ち歩いていないということで、持っていたMacBookで動画を見せてくれた。

[画像のクリックで拡大表示]