東京ゲームショウ 2016のトレンドはVRだが、もちろんスマホ向けゲーム中心のブースでも積極的にVR関連タイトルや、VRに関連した企画展示を実施している。VRを体験したいなら、スマホ向けタイトル中心のブースもしっかりチェックしておこう。

スマホ向けVR対応ゲーム『オルタナティブガールズ』
[画像のクリックで拡大表示]

 スマホ用ゲームでVRを積極的に取り入れているタイトルと言えば、サイバーエージェントの『オルタナティブガールズ』だ。ホール8の入り口付近のブースで実際にVRモードを体験できるほか、ホール10のVRコーナーではHTCのViveに対応させた高画質なVRモード体験を楽しめる。

ホール10のVRゾーンでは、HTCのViveで動作する高画質なVRモードを楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]

 スマホ向けのMMORPGオンライン『アヴァヴェルオンライン』で知られるアソビモでも、参考出展として高画質なVRタイトルを楽しめる。『フェアリーランド』と『ハッピー太郎君』のうちどちらかをプレー可能だ。

スマホ向けMMORPGが人気の「アソビモ」ブーム
[画像のクリックで拡大表示]

 『フェアリーランド』はスマホ向けアクションゲームでもよく見られる、ジェスチャー操作の1vs1バトルだ。これがVRになると、手の操作で実際に相手を切ったり盾を構えたり、指を組んで魔法を唱えるといった操作が可能になる。VRのファンタジーアクションゲームを楽しんでみたい人は要注目だ。

『フェアリーランド』手の動きで相手と戦ったり移動する。実際に盾を構えたり、指を組んで魔法を放つなど、ファンタジー好きにはたまらないゲームだ
[画像のクリックで拡大表示]

 アソビモのメインステージでは、スマホ向けの『アルケミアストーリー』や『BTOOOM!オンライン(仮)』、『イクサバ』の試遊展示のほかステージイベントも実施する。

人気コミックを題材にした『BTOOOM!オンライン(仮)』なども展示
[画像のクリックで拡大表示]

 朝日ネットブースでは、教育機関や企業向けのアンケートアプリ『Respon』を、VRに対応させて展示。内容は東京ゲームショウに合わせたアンケートだが、HTCのViveを気軽に体験してみたいなら要注目だ。

朝日ネットのアンケートアプリ『Respon』をVRに対応。HTCのViveで操作できる
[画像のクリックで拡大表示]

(文・写真/島徹)