日本時間の2018年9月13日早朝に新しいiPhoneが発表された。ラインアップは5.8インチの「iPhone XS」と6.5インチの「iPhone XS Max」、6.1インチの「iPhone XR」の3種類。iPhone XSとiPhone XS Maxは9月14日に予約開始で9月21日に発売、iPhone XRは10月19日に予約開始で10月26日に発売される予定だ。

 全機種で「iPhone X」のように、画面ベゼルが超狭となり、iPhoneの特徴でもあったホームボタンが完全になくなった。そのため、3機種とも見た目がiPhone Xと似ており、大きさ以外では違いが分かりにくい。そこで、新しいiPhoneと従来のiPhone、そして最新Androidスマホと比較し、新型iPhoneの特徴を説明しよう。

iPhone XSとiPhone XS Max、iPhone XRの3機種が発表された。写真はiPhone XS。iPhone Xは「スペースグレイ」と「シルバー」の2色だったのに対し、iPhone XSやiPhone XS Maxには「ゴールド」が追加され、カラーバリエーションは3色展開となった
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone XSとiPhone XS Maxは、iPhone Xの後継機種だ。iPhone XSはiPhone Xと同じ5.8インチ、iPhone XS Maxは一回り大きい6.5インチとなる。

 iPhone XSのサイズは幅70.9×高さ143.6×厚さ7.7mmで、iPhone Xと全く同じ。形状もほぼ一緒なので、iPhone X用のアクセサリーも問題なく利用できると思われる。

 iPhone XSの重量は177gでiPhone Xの174gよりもわずかに重い。ただ、その差はたった3gなので気になる差ではないだろう。

 一方、iPhone XS Maxのサイズは、幅77.4×高さ157.5×厚さ7.7mmで、iPhone XSやiPhone Xよりも幅は6.5mm、高さは13.9mmほど大きい。幅は親指の半分程度、高さは親指1本分程度ほど大きくなっていると思えば、大きさを想像しやすい。厚さは7.7mmでiPhone XSやiPhone Xと同じだ。

 iPhone XS Maxのサイズと幅78.1×高さ158.4×厚さ7.5mmのiPhone 8 Plusを比べると、幅は0.7mm、高さは0.9mmほどiPhone XS Maxのほうが小さい。厚さは0.2mmほどiPhone XS Maxのほうが厚いが、ほぼ同じサイズといっても良いだろう。iPhone XS Maxの重量は208gで、iPhone 8 Plusの202gよりも6gほど重い。重量は増えているものの、差はほとんどないといえる。

iPhone XSとiPhone X、iPhone XS MaxとiPhone 8 Plusの仕様を比較した。優れている点を黄色く塗りつぶしている
[画像のクリックで拡大表示]

 画面解像度は、iPhone XSが2436×1125ドットでiPhone Xと全く同じ。一方、iPhone XS Maxは2688×1242ドットで、iPhone XSやiPhone Xよりも高解像度となる。iPhone XSとiPhone XS Maxは両機種ともに、ディスプレーはiPhone Xと同じ有機EL(OLED)を採用する。有機ELは一般的に輝度や視野角、消費電力などが液晶よりも優れていると言われている。また、両機種ともiPhone Xと同様にHDRディスプレーに対応している。

 iPhone XSとiPhone XS Maxのカメラは、背面に1200万画素の広角カメラと望遠カメラを1個ずつ、前面に700万画素のカメラを1個、合計で3個のカメラを搭載する。背面カメラ双方に、光学手ぶれ補正機能を備える。また、望遠カメラは2倍光学ズームを搭載する。

 iPhone Xと仕様で比較すると、画素数やF値などは同じで目新しさはないように見える。だが、イメージセンサーとニューラルエンジンなど、カメラ機能のソフトウエア処理が強化したことで、ポートレートモードの周囲のぼかし具合をF値の調整でコントロールできるようになったのは新しい点だ。ステレオマイクを搭載し、録画時の音声もパワーアップしているという。

 iPhone XSとiPhone XS MaxのストレージにiPhone Xと同様の64GBと256GBに512GBも追加された。iPhoneは外部メモリーカードによる容量の追加ができないため、大容量の選択肢が増えるのは良いことだ。

 バッテリーの動作時間は、iPhone XSが「iPhone Xより最大30分長い」とうたう。だが、連続通話時間の仕様を見ると、iPhone Xが最大21時間だったのに対し、iPhone XSは最大20時間とあり1時間減っている。Appleの仕様には連続通話時間のほかに「インターネット利用」「ビデオ再生(ワイヤレス)」「オーディオ再生(ワイヤレス)」の3種類の動作時間が記載されているが、ビデオ再生(ワイヤレス)時間がiPhone Xの最大13時間から最大14時間に増えていた。

 一方、iPhone XS Maxは「iPhone Xより最大1.5時間長い」とうたうが、こちらの連続通話時間は最大25時間で、iPhone Xよりも5時間も長い。

iPhone XSはiPhone Xとほぼ同じ大きさに対し、iPhone XS Maxは6.5インチで一回り大きい
[画像のクリックで拡大表示]