最新Androidスマホと比べると……

 新型iPhoneとAndroidスマホのスペックを比べてみよう。

「Xperia XZ2 Premium」(ソニーモバイルコミュニケーションズ)や「Galaxy S9+」(サムスン電子)、「P20 Pro」(ファーウェイ)の3機種とのスペックを比較したところ、iPhone XSの小ささが目立つ。また重量も軽い。画面解像度は、2240×1080ドットのP20 Pro以外、AndroidスマホのほうがiPhone XSより高解像度だ。

 3台のAndroidスマホの背面カメラは2個または3個で構成されており、iPhone XSのデュアルカメラは珍しくない。画素数はAndroidスマホのほうが多いが、単純に画素数が多ければ画質が良いというわけではないため、仕様だけで見比べるのは難しいところだ。

 内蔵ストレージは、他のAndroid端末が64GB、最大でも128GBしかないのに対し、iPhone XSは大容量の256GBや512GBも選べる。ただし、iPhone XSは容量を後から追加できないのに対し、P20 Pro以外のAndroidスマホにはカードスロットがあり、microSDカードで後から容量を追加できる。

 国内キャリアが発売するAndroidスマホは、フルセグ対応のテレビチューナーを搭載しており、テレビを閲覧できる。だが、iPhoneにテレビチューナーは無い。

「Xperia XZ2 Premium」(ソニーモバイルコミュニケーションズ)
[画像のクリックで拡大表示]
「Galaxy S9+」(サムスン電子)
[画像のクリックで拡大表示]
「P20 Pro」(ファーウェイ)
[画像のクリックで拡大表示]
人気が高いAndroidスマホ3機種の仕様を比較した。優れている点を黄色く塗りつぶしている
[画像のクリックで拡大表示]

 次にiPhone XS Maxと「Galaxy Note 9」(サムスン電子)を比較した。Galaxy Note 9は国内では未発表だが、国内での販売も予定されている。

 画面サイズはiPhone XS Maxが6.5インチに対しGalaxy Note 9が6.4インチで、iPhone XS Maxのほうがわずかながら大きい。だが、本体サイズはiPhone XS Maxのほうが小さい。一方、画面の解像度は、iPhone XS Maxが2688×1242ドットに対し、Galaxy Note 9は2960×1440ドットで、Galaxy Note 9のほうが高解像度となる。

 ストレージ容量やカメラの仕様など、両機種のスペックを見比べると似ている点が多い。

「Galaxy Note 9」(日本サムスン)
[画像のクリックで拡大表示]
iPhone XS MaxとGalaxy Note 9のスペックを比較した。優れている点を黄色く塗りつぶしている
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone XSシリーズをiPhoneの従来モデルと比較すると、ニューラルエンジンを搭載した最新CPU、512GBの大容量ストレージ、新色のゴールドなどが魅力だろう。iPhone XS Maxは本体サイズを抑えながらも、画面は6.5インチと大きくなった。ただ、最新iPhoneとAndroidスマホを仕様で比較すると、カメラの画素数や画面解像度などで見劣りする面はある。

 逆にiPhoneの強みは、画面サイズの割に本体サイズが小さく、重量が軽いこと。また、eSIMを搭載しデュアルSIM端末になったことで、海外利用時の利便性が向上したのは魅力だろう。

(文/田代祥吾)

関連リンク