9月5日のデジタルカメラ記者発表会で、キヤノンはフルサイズミラーレス「EOS R」およびRFレンズ4モデル、マウントアダプター4モデルを発表した。

 EOS Rは、内径54mmの「RFマウント」を採用したのが最大の特長で、有効画素数約3030万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載。「EOS Kiss M」「PowerShot SX740 HS」にも搭載されている最新の画像処理エンジン「DIGIC8」によって、常用ISO感度100~40000を実現しているという。発売は2018年10月下旬の予定で、キヤノンオンラインショップでの販売予定価格は税別23万7500円。

新モデルを手にしたキヤノンの真栄田雅也社長(中央)と、海原昇二 ICB製品開発センター所長(左)、坂田正弘 キヤノンマーケティングジャパン社長(右)
[画像のクリックで拡大表示]
EOS Rの本体サイズは幅135.8×高さ98.3×奥行き84.4mm。本体のみの重量は約580g
[画像のクリックで拡大表示]

 撮像と位相差AF(オートフォーカス)の機能を兼ね備えた「デュアルピクセル CMOS AF」とRFレンズの駆動制御を最適化したことにより、最速約0.05秒の高速AFを実現しているほか、AFエリアの任意選択時は撮像面の縦約100%×横約88%の範囲でピント合わせのポイントを最大5655カ所から選択できる。

 内蔵のEVF(電子ビューファインダー)には、約369万ドットの有機ELパネルを採用しており、視野率は約100%。本体背面にはスライド操作やタップ操作で設定変更などを行える「マルチファンクションバー」をEOSシリーズとして初搭載した。

[画像のクリックで拡大表示]