8月31日から9月5日まで、ドイツ・ベルリンで開催された家電の総合見本市「IFA 2018」。デジタル家電を代表する製品でもある薄型テレビは、国内外のメーカーが2018年冬に向けた新製品を出展していた。

 なかでも話題を集めていたのが、サムスン電子、シャープ、LGエレクトロニクスが発表していた「8K」のテレビだ。現在売られている4Kテレビの解像度は3840×2160ドットだが、「8K」は7680×4320ドットで、さらに高精細になる。

IFA 2018で見たテレビの新トレンドは「8K」
[画像のクリックで拡大表示]

 「8K」で攻勢を仕掛けているのが、薄型テレビで世界トップの韓国サムスン、そして日本のテレビメーカーのシャープだ。

 サムスンはプレスカンファレンスで、「Q900R QLED 8K」を欧州で9月末に発売すると発表。85/82/75/65型と現行の4Kテレビに近いサイズを用意する。シャープもプレスカンファレンスで「第2世代のAQUOS 8K」を披露し、80/70/60型でグローバルに展開すると発表した。

サムスンは「Q900R QLED 8K」を9月に発売予定
[画像のクリックで拡大表示]
シャープは第2世代の8K AQUOSを発表。グローバルに展開する
[画像のクリックで拡大表示]