1. 料金プランはどれがお得なのか

 アマゾンの音楽聴き放題サービスには大きく2種類のプランがある。Prime Musicは、プライム会員およびPrime Student会員専用。追加料金なしで利用できるが、聴き放題になる曲数は約100万曲と、他のサービスと比べてかなり少ない。

 プライム会員でなくても利用できるのがMusic Unlimitedだ。こちらは有料だが、聴き放題の曲数が約4000万曲に増える。個人プランの月額は980円、ファミリープランの月額は1480円(ともに税込み)で、Spotify、Apple Musicも同じ料金だ。

 プライム会員がMusic Unlimitedを利用するメリットは2つある。1つは、個人プランの月額が200円引きの780円(税込み)になること。2つ目は年額制にすると2カ月分お得になることで、個人プランは7800円、ファミリープランは1万4800円(ともに税込み)になる。

 また、アマゾンのスマートスピーカー「Echo(エコー)」シリーズのユーザーなら「Echoプラン」も選択できる。月額380円(税込み)でMusic Unlimitedと同じ約4000万曲が聴き放題になるが、1台のEchoでしか再生できないのが難点だ。

Music Unlimitedは個人プランに加えて、ファミリープラン、Echoプランがあり、個人プラン、ファミリープランでは年額制も利用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 ライバルサービスのメリット・デメリットも見ていこう。Spotifyの特徴は、Music Unlimited、Apple Musicにはない“機能制限付き”の無料プランがあることだ。またApple Musicには年額制があり、個人プランは年額9800円、1カ月当たりにすると約817円(ともに税込み)と、プライム会員以外の個人プランとしては最安になる。

 学生の場合は、SpotifyおよびApple Musicで学割プランを選択できる。どちらも月額480円(税込み)とかなり安い。なお、プライム会員用にも学生向けプラン「Prime Student」が用意されているが、こちらで利用できるのは曲数の少ないPrime Musicのほうだ。

【まとめ】
・アマゾンのプライム会員でない場合、Music Unlimitedの料金はSpotify、Apple Musicと同じ、個人プランで年額制を利用できるのはApple Musicのみ
・プライム会員の場合、どのプランも基本的にMusic Unlimitedのほうが他社より安くなる。ただし、月額制のファミリープランのみ他社と同じ
・学生ならSpotifyとApple Musicが安い

Spotifyには無料プラン、学生プランがある
[画像のクリックで拡大表示]
Apple Musicにも学生プランがあり、個人プランでは年額制も利用できる
[画像のクリックで拡大表示]