今年3月、東京・豊洲に、アジア初の回転する劇場「IHIステージアラウンド東京」がオープンした。運営はTBSテレビ。赤坂ブリッツ、赤坂アクトシアターに次ぐ劇場として、この風変わりな劇場を作った理由やオープンから半年たった現在の状況を支配人の松村恵二氏に聞いた。

 「IHIステージアラウンド東京」はアジアで初めて建設された回転する劇場だ。劇場中央には、1300人以上の観客を乗せて360度回転する円形の客席を設置。舞台とスクリーンがその周囲を取り囲む。芝居の進行に合わせて、座席全体が回転し、正面が変わる演出だ。このような機構を取り入れた劇場は、2010年にオランダ・アムステルダム郊外に建設された「Theater Hangaar」に次ぐ2つめとなる。

豊洲ふ頭地区にできた「IHIステージアラウンド東京」。2020年10月まで運営の予定(撮影/志田彩香)
[画像のクリックで拡大表示]

 こけら落とし公演は、ダイナミックな演劇作品で知られる、劇団☆新感線の「髑髏城の七人」。キャストと脚本・演出が異なる「花」「鳥」「風」「月」「極(ゴク)」の5つのバージョンを制作し、約1年間にわたって上演している。小栗旬主演の「Season 花」、阿部サダヲ主演の「Season 鳥」を終え、松山ケンイチ主演の「Season 風」を11月3日まで上演中。その後、11月23日~2018年2月21日の「Season月」(上弦の月/下弦の月)、2018年3月下旬からの「Season極」と続く。

こけら落とし公演は劇団☆新感線の「髑髏城の七人」。2カ月強ごとにキャストと脚本が変化する。写真は「Season 風」
[画像のクリックで拡大表示]

映像と客席の動きが連動する“体感型”シアター

 同劇場には通常の劇場にあるような幕がない。代わりに4枚のスクリーンが客席と舞台を遮るようにぐるりと設置されており、これらが開閉することで舞台が見える。つまり、スクリーンのどこを開閉するかで、場面が転換していく構造だ。

IHIステージアラウンド東京は、円形の客席を舞台が取り囲むような構造
[画像のクリックで拡大表示]
客席と舞台の間には4枚のスクリーンがあり、これらが開閉して舞台が見える(写真はオランダの劇場)
[画像のクリックで拡大表示]

 また、このスクリーンにはプロジェクターで様々な映像が投影できるため、今までにない演出を取り入れられるのも特徴だ。筆者は実際に『髑髏城の七人 season花』『同season鳥』の2シーズンを観劇した。『season 花』では、城の最上階に向かって進んで行くシーンで、廊下の映像をスクリーンに投影。その映像と連動して客席を回転させ、同時に出演者が舞台上を走ることで、観客が出演者と同じように上階へ向かって螺旋階段を駆け上っていくような錯覚を起こす演出が取り入れられていた。また『season 鳥』での同シーンでは、城をまっすぐに昇っていくような映像演出によって、実際にエレベーターを昇っているような浮遊感を味わうことができた。

 近年、映画では映画のシーンと連動して座席が前後、上手、左右に動いたり、水や風が観客に吹き付けられたりする「4DX」対応の劇場が登場している。また、アミューズメント施設ではVR(仮想現実)を活用したアトラクションも増えつつある。このような“体感型”エンターテインメントが流行しているが、スクリーンに投影された映像と回転する客席の相乗効果で劇中の世界に入り込んだような感覚になるという意味で、この劇場もその一例と言えるだろう。