ドイツ・ベルリンで開催中の家電の総合見本市「IFA 2018」のソニープレスカンファレンスでは、ヘッドホン/イヤホン、「ウォークマン」、スマートスピーカーなどのオーディオ製品群を披露した。ソニーのオーディオ大攻勢とも呼ぶべき製品群をつなぐキーワードは何か。新たにオーディオ製品の企画を統括する立場となったソニービデオ&サウンドプロダクツ 企画ブランディング部門長の黒住吉郎氏に聞いた。

海でも使える完全ワイヤレスが登場

オーディオ商品の企画を統括する黒住吉郎氏
[画像のクリックで拡大表示]

 IFA 2018のグローバルの発表で目玉として語るべき製品が、ハイレゾ・ノイズキャンセリング対応のワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM3」だ。既に第3世代のモデルで、今回は音質やノイズキャンセリング性能の向上、装着性の改善が進んだ。黒住氏は「ヘッドホンは、スマートフォンと同じく“肌身離さず”がキーワード。隔離された音楽の世界ではなく、クイックアテンション(ハウジングに手を当てると即座に外音取り込みが可能になる)機能などに代表されるように、音楽を楽しみながら生活も楽しむ」製品と位置付ける。これはソニーの吉田憲一郎社長兼CEOの体制下で語られることになった“人に寄り添う”製品づくりに通じるものといえる。

IFA 2018のカンファレンスの壇上で大々的に語られた「WH-1000XM3」。欧州での価格は380ユーロ(日本円に換算して約4万9000円)
[画像のクリックで拡大表示]

 同じく常に身につける製品が、最新完全ワイヤレスイヤホンの「WF-SP900」だ。スマホと接続して完全ワイヤレスで使えるのはもちろん、音楽プレーヤー機能を搭載しており、単独でも音楽を再生できる。加えてIPX68対応の強力な防水機能も備えた。

 「SP900の真骨頂は、泳ぐときにも身にとけていられること。海でも使える。そんなメリハリを付けて作りあげた完全ワイヤレスだ」(黒住氏)。完全ワイヤレスのスポーツ志向が世界的に高まっていることを受けたモデルだ。しかも、左右のワイヤレス接続に補聴器にも用いられる近距離磁気誘導(NFMI)を搭載し、水中でも途切れず音楽を聴き続けられる。機能性にも注目のモデルである。

音楽プレーヤー一体型となった完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP900」。欧州での価格は280ユーロ(日本円で約3万6000円)
[画像のクリックで拡大表示]