今年も「東京ゲームショウ2016」が開幕し、連日多くの来場者でにぎわっている。最新のVRデバイスや最新ゲームに注目が集まるが、もう1つのゲームショウの魅力がさまざまなゲームやアニメのキャラクターに扮したコスプレイヤーの存在だ。

 東京ゲームショウの一般公開日(今年は2016年9月17日~18日)、9ホールにオープンするコスプレエリアでは、自慢のコスチュームを披露するコスプレイヤーと、それを撮影しようと集まる人々が全国から集まる。多くのコスプレイヤーは、見知らぬ人でもきちんと頼めば撮影させてくれるので、コスプレイヤーの撮影目的で東京ゲームショウに足を運ぶ人も少なくない。自分の好きなゲームやアニメの作品はもちろん、華やかなコスプレイヤーは被写体として撮っていても絵になる存在だ。

東京ゲームショウなどのイベントには、アニメやゲームのキャラクターに扮したコスプレイヤーたちが色とりどりの衣装で参加する
[画像のクリックで拡大表示]

 だが、まだコスプレイヤーの撮影に挑戦したことのない人にとっては「手持ちの古いデジカメでも大丈夫?」「どうやって撮影を頼めばいいの?」など分からないことが多く、せっかくゲームショウに足を運んだのに撮らずじまいで帰ってしまう人もいるだろう。そこで、コスプレイヤーの撮影にはどんな機材が必要なのか、どのようにして撮影を進めればよいのかなど、ゲームショウをはじめとするイベントでのコスプレイヤー撮影テクニックをまとめてみたい。