2018年8月28日、日本マイクロソフトから10型のWindowsタブレット「Surface Go」が発売された。Surfaceシリーズといえば、12.3型液晶を搭載する「Surface Pro」が人気だが、Surface Goはそのデザインを踏襲しつつ、ふた回りほど小型軽量化して価格を抑えたモデルだ。実売価格は、マイクロソフトオフィスが付属する一般向けモデルで6万4800円前後から。

日本マイクロソフトの10型Windowsタブレット「Surface Go」。キーボード兼カバーは別売
[画像のクリックで拡大表示]

発表会に参加した筆者は気に入ったので、発売日に購入して早速持ち歩いて仕事に使っている。実際に製品を手にして感じたところをお届けしたい