Z マウントを採用した2つのフルサイズミラーレス

 2018年8月23日、ニコンが開催した新製品グローバル発表会で、同社初となるフルサイズミラーレス「ニコン Z 7」と「ニコン Z 6」、両モデルが採用する大口径の新マウント「Z マウント」対応のNIKKOR Zレンズ3モデル、およびNIKKOR Fレンズ資産をZマウントに装着するための「マウントアダプター FTZ」が発表された。

発表会では、代表取締役の牛田一雄氏らが登壇し、新製品のプレゼンテーションを行った。写真は新製品グローバル発表会より
[画像のクリックで拡大表示]

 「Z 7」「Z 6」は、像面位相差AF画素搭載の新開発裏面照射型ニコン FX フォーマットCMOSセンサーと、新画像処理エンジン「EXPEED 6」を搭載。「Z 7」は有効画素数4575万画素、常用感度ISO-64~25600を実現した高解像度モデル。「Z 6」は有効画素数2450万画素、ISO-100~51200のオールラウンドモデルとなっている。

 「Z 7」の発売は9月下旬、「Z 6」の発売は11月下旬の予定。価格はどちらもオープン価格。店頭予想価格は「Z 7」が税込み44万円前後、「Z 6」が税込み27万円前後となっている。

「Z7」は有効画素数4575万画素、ISO-64~25600。発売は9月下旬。店頭予想価格は税込み44万円前後
[画像のクリックで拡大表示]
「Z6」は有効画素数2450万画素、ISO-100~51200。発売は11月下旬。店頭予想価格は税込み27万円前後
[画像のクリックで拡大表示]