ながら聴きオーディオ製品は周りの音も聞こえる。音楽を聴いている最中に会話もでき、利用シーンが広がる
[画像のクリックで拡大表示]

 少し前まで、音楽用のイヤホン開発は周囲の雑音をいかにカットするかが課題だった。ところが2017年から、逆に周りの音が聞こえることを売りにしたイヤホンやヘッドホンが続々と登場。家庭や職場で日常的に使えると人気を集めている。周りの音がどれだけ聞こえるか、音漏れはどれだけあるのかが気になるところだ。今回は、オーディオ・ビジュアル評論家の折原一也氏の協力を得て、計8製品で、音質や装着感も含めて聞こえ方をテストした。

「ながら適性」を音響専門家が3つのポイントで検証
[画像のクリックで拡大表示]

 密閉度の高い通常のヘッドホンは、音楽鑑賞中に声をかけられてもまず気づかない。歩行中やスポーツのときに大音量で使うと、自動車のエンジン音などが聞こえず危険でもある。一方「ながら聴き」オーディオ製品は、周りの音と音楽が同時に聞こえるので、作業や会話をしながら音楽が楽しめる。また、密閉度の高いイヤホンの多くは、食事やジョギングのときに使うと、衝撃が耳の中で響くが、ながら聴きオーディオならそのような不快感もない。「密閉型のイヤホンやヘッドホンを持つ人が、2本目として購入するケースも多い」(イヤホン・ヘッドホン専門店のe☆イヤホン)。

 「ながら聴き」ができる製品には大きく、肩掛けスピーカー、パイプ伝送式、骨伝導式の3種類がある。

U字形のスピーカーを肩に掛けるタイプ。スポーツ中の利用には向かず、音漏れも大きめだが、臨場感や迫力は抜群だ
[画像のクリックで拡大表示]
耳から離れた位置に発音ユニットを置き、そこから細いパイプで耳元に音を届ける。ながら聴き用のなかでは音漏れが少なめ
[画像のクリックで拡大表示]
頭に当てるユニットで頭蓋骨や耳の軟骨を振動させて、鼓膜を通さずに音を伝える技術。工事現場などでも使われている
[画像のクリックで拡大表示]

 肩掛けスピーカーは、主にテレビ音声の臨場感を増す目的で使われる。3月にバラエティー番組で紹介されて人気に火が付き、現在も一部の商品は品薄状態が続く。他の方式に比べて音漏れが大きいので、屋内での利用が前提になる。このなかで、周囲の音が最も聞き取りやすかったのは、ソニー「SRS-WS1」。形状や重さのバランスも良く、長時間装着しても疲れにくかった。ただしBluetoothに対応していないので、スマートフォンなどと無線接続したいなら、安価なハーマンインターナショナル「SOUNDGEAR BTA」などが候補になる。

 骨伝導やパイプ伝送などの方式は、小型でジョギングなど運動中にも使えるのがメリット。周囲の音の聞き取りやすさはBoCo「earsopen BT-5」が最も良かったが、音漏れが大きめで音質や装着感が物足りなかった。音楽を聴く目的であれば、装着感の良いソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia Ear Duo」がベストといえる。今回は比較用に、開放型イヤホンでありながら「周囲の音が聞こえる」とうたう、Bang&Olufsen「EARSET」もテストしたが、普通の音量で音楽をかけると周りの音が聞こえにくくなった。

 なお、ながら聴き対応製品でも、音量を上げ過ぎれば周りの音が聞こえにくくなる。特に仕事中に使う際には、少し小さめと感じる音量からスタートするとよさそうだ。

 次ページから8製品の評価を一つずつ解説する。