今や、デジタルカメラの代わりにスマホで撮影するのが当たり前。お盆休みにスマホで写真を何枚も撮った人も多いだろう。

 しかしそのままでは、スマホの内蔵メモリーやメモリーカードがいっぱいになってしまう。スマホ写真は、いずれ別の場所に保存する必要がある。そこで、Androidスマホのユーザー向けに「パソコン」「メモリーカード」「Googleフォト」という3つの方法とその操作手順を説明しよう。

その1 パソコンに接続して取り込む

 スマホで撮った写真を保存する一番簡単な方法は、スマホとパソコンを接続して写真を取り込むことだ。

 多くのAndroidスマホには充電やパソコンとの接続用にUSBケーブルが付属するので、これを使ってパソコンと接続する。あとはスマホの中の、写真が保存されているフォルダーを探し出し、写真をドラッグ&ドロップでパソコンにコピーすればいい。コピーしたらスマホのほうの写真を消してしまえば、スマホの内蔵メモリーの空き容量が増える。

 とても簡単でスピーディーに写真を保存できるが、難点はパソコンがないとできないこと。ほとんどの人は旅行にパソコンを持っていかないだろう。だから空き時間にこの方法でスマホにある写真をパソコンに移しておき、スマホのストレージの空き容量を増やしておく必要がある。

【1】スマホとパソコンを接続する

 パソコン(ここではWindows 10パソコンを使っている)とスマホをUSBケーブルで接続すると、デスクトップに表示が出るので、クリックする。

[画像のクリックで拡大表示]

 デスクトップに、スマホのデータをどうするか決める画面が表示されるので、「デバイスを開いてファイルを表示する」をクリックする。

[画像のクリックで拡大表示]

 スマホのフォルダーが開くが、何も表示されていない状態だ。ここで次にスマホ側を操作する。

[画像のクリックで拡大表示]

【2】スマホ側で「USB接続の用途」を指定

 スマホ側で画面上端のステータスバー(通知領域)を下方向にスワイプする。「この端末をUSBで充電 タップしてその他のオプションを表示します。」と書かれた部分をタップする。

[画像のクリックで拡大表示]

「USB接続の用途」が表示され、充電するだけか、充電しつつデータ(写真など)を操作できるようにするかなどを指定できる。ここで「ファイルを転送」をタップしてチェックを入れる。

[画像のクリックで拡大表示]

【3】スマホで撮影した写真が入っているフォルダーを探す

 Windowsパソコンの先ほどのフォルダーに、スマホの内蔵メモリー(内部共有ストレージ)と、取り付けてあるメモリーカード(SDカード)が表示されるようになる。「内部共有ストレージ」をダブルクリックして開く。

[画像のクリックで拡大表示]

「DCIM」フォルダーをタップして開く。DCIMはDigital Camera IMagesのことだ。

[画像のクリックで拡大表示]

 機種によって、写真はDCIMフォルダーの中の「Camera」フォルダーや「100ANDRO」フォルダーなどの中にある。

[画像のクリックで拡大表示]

 デジカメの写真が並んでいるので、あとは写真を選択してパソコンの適当なフォルダーにコピーする。写真の入っているフォルダーを丸ごとコピーしてもいい。

[画像のクリックで拡大表示]