「VRChat」というアプリをご存じだろうか。名前からも分かるように仮想空間で音声チャットなどが楽しめるアプリで、ユーザー同士のコミュニケーションは自分のアバター(分身・化身)を通じて行う。映画『サマーウォーズ』や『レディ・プレイヤー1』の世界をほうふつとさせるが、実際はどうなっているのか? ライターの田中一成氏に潜入してもらった。

「VRchat」
[画像のクリックで拡大表示]

 「日本語を上達させるために、ここでよく遊んでいます」

 米国出身のブロンドヘアーの美少女。彼女が日本語でつっかえながらも、私にそう話した。しかし、声は男性だ。というのも、私たちが今話している場所は現実世界ではなく、仮想空間「VRChat」内である。つまりPCを通じてコミュニケーションしているのだ。アニメ風の美少女アバターを使用した男性ユーザーが少なくない。ご多分にもれず“彼女”もそうであった。

 VRChatは世界中のユーザーとコミュニケーションできる「ソーシャルVRサービス」だ。そのアプリはPCに無料でダウンロード可能で、そのタイトル名とは裏腹に、VR環境がなくても楽しめる。2017年2月1日にアーリーアクセス版がリリースされ、2018年2月にはユーザー数が300万人を突破した。日本ではYouTuberのVRChat動画が人気を博したことにより、認知が広がっている。

 VRChatは、まさに人間社会の縮図だ。そこでは、現実世界で起こるたあいのないコミュニケーションから社会問題までもが発生していた。今回は筆者自らプレーした体験、ユーザーに取材して得た情報からVRChatの実態にせまっていく。