アップルは2018年6月に開催された開発者向けカンファレンス「WWDC」で、iPhoneやiPadなどモバイル向け最新OS「iOS 12」を発表した。正式なリリースは今秋の予定だが、新しい機能の一部を先取りで体験できるパブリックベータ版が公開されている。対応機器を持っていれば誰でも無料で試せる。そこで、iPhoneにiOS 12をインストールしてみた。新しいiOSでiPhoneはどう変わるのか。

長く使っているiPhoneの動作速度が復活する

 iOS 12に対応するデバイスには、最新のiPhone、iPadはもちろん、約5年前に発表・発売された「iPhone 5s」「iPad Air」「iPad mini 2」、さらには第6世代の「iPod touch」も含まれている。iOS 11が動作する端末で幅広く利用できるのが特徴だ。

 iOS 12を入れてみると、何気ないアプリの起動やキーボードの表示・入力などの処理が一段と速くなっていることにまずは気付くだろう。筆者は一線を退いたiPhone 7にiOS 12を入れてみたが、Safariやメールの表示、カメラの起動などのレスポンスが改善し、快適さが増した。iPhone 6の世代でも効果があるという。秋の正式リリース後は既存のiOSから無料でアップグレードができるので、対応するデバイスを持っている人は利用してみるべきだと思う。

今秋リリース予定の「iOS 12」のパブリックベータは対応する端末があれば無料で試せる。まずは、今、メインに使っているiPhoneやiPadではなく、機種変更などで使わなくなったサブ機で試すのがお勧め。万一のとき、元の状態に戻せるようバックアップも取っておこう
[画像のクリックで拡大表示]