2017年のAndroid搭載スマートフォンの国内販売台数シェアで、ソニーモバイルコミュニケーションズを抑えてトップになったシャープ。18年6月には、好調のけん引役ともいえるフラグシップモデル「AQUOS R」シリーズの最新機種「AQUOS R2」を発売した。同機種の特徴は、「静止画用」と「動画用」にあえて分けた2つのカメラ。「流行りのデュアルカメラだが、メリットをより分かりやすくしたかった」と担当者は語る。

 全国の家電量販店の実売データを集計した「BCNランキング」によると、17年のAndroid搭載スマートフォンの販売台数シェアはシャープが20.6%で、ソニーモバイルコミュニケーションズから首位を奪った。MM総研による調査では、17年の国内携帯電話端末のメーカー別出荷台数シェアではアップルに次ぐ2位となっている。

 躍進の原動力の1つが同社のスマートフォン「AQUOS R」シリーズだ。シャープでは、17年の夏モデルからスマートフォンのブランドを見直し、それまでキャリアごとに分かれていたフラグシップモデルの名称を「AQUOS R」に統一。テレビCMに女優の柴咲コウさんを起用するなど、ブランドとしての認知向上を図った。端末自体を見ると、有機ELやデュアルカメラ機構など、他社のフラグシップモデルのような目立った特徴はなかったにもかかわらず、着実に販売数を重ねたのは、こうしたプロモーションによるところも大きい。

シャープが18年6月に発売した「AQUOS R」シリーズの最新機種「AQUOS R2」。デザインコンセプトは「Warm&Technology」。フラグシップモデルでもあえてソリッドなデザインにせず、親しみやすさを重視しているという