日本でも少しずつ認知が広がってきたeスポーツ。そんな日本は、世界から見るとeスポーツ後進国と言われている。例えば、韓国ではプロゲーマーが活躍する土壌が整っており、世界で活躍している選手が多い。米国では格闘ゲーム大会の「EVO」や「Dota2」を扱ったeスポーツイベントで賞金総額が過去最多の「The International」など、数々の大型eスポーツ大会が開催されているし、欧州ではサッカーのクラブチームがeスポーツチームを運営している。中国ではアリババやテンセントなど大手IT企業がこぞってeスポーツに参戦しており、eスポーツの授業を必修科目としている学校もある。アジア圏は特にeスポーツに関心が高い。2018年8月にインドネシア・ジャカルタで開催されるアジア競技大会では、eスポーツが公開競技に採用された。

[画像のクリックで拡大表示]

 今後日本でもeスポーツは盛り上がるのか。それを占ううえで参考になるのが、日本より少し進んでいる台湾の状況だろう。台北ゲームショウなどを手がける台北市電脳商業同業公会 副総幹事である黄氏に、台湾のゲーム事情、eスポーツ事情について話を聞いた。

台北市電脳商業同業公会 副総幹事 黄氏(写真中)
[画像のクリックで拡大表示]

 台湾では2018年5月に『モンスターストライク』の4周年記念イベント「眉飛肆舞」でeスポーツの大会が行われた。日本で絶大な人気を誇るスマートフォン向けゲーム『モンスターストライク』は台湾でも人気が高く、ダウンロード数が600万を超えている。台湾の人口が2350万人だから、台湾の4人に1人がプレーしているということになる。

 大会も高雄と台北で予選を行い、50チーム、200人以上が参加した。ちなみに『モンスト』の海外でのeスポーツ大会は今回が初めて。同時に香港でも予選があり、6月30日には幕張メッセで行われる「XFLAG PARK2018」のイベントの1つとして、台湾代表、香港代表、日本代表の三つ巴による対戦大会が開催される。

「眉飛肆舞」ではeスポーツイベント以外にもさまざまな催し物や展示物でお祝いをしていた。フォログラフによるバーチャルアイドルのライブも行われた
[画像のクリックで拡大表示]
優勝した高雄代表の「夏夕夏景」。6月30日に日本にやってくる
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]