今年の夏のスマートフォンの中でも注目なのは、ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia XZs」(ソニーが「Xperia XZs」 印象的な動画でSNS受けを狙える)と「Xperia XZ Premium」(ソニー、4K HDR対応の「Xperia XZ Premium」発表)だろう。「Xperia XZs」はミドルレンジクラスの5.2型スマートフォンで、ソフトバンク、KDDI、NTTドコモの3社から発売される。「Xperia XZ Premium」は5.5型のハイエンドモデルでNTTドコモから発売される。

ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia XZs」。ソフトバンク、KDDI、NTTドコモの大手3キャリアより発売
[画像のクリックで拡大表示]
4K HDRディスプレー搭載の最上位モデル「Xperia XZ Premium」はNTTドコモより発売
[画像のクリックで拡大表示]

 それぞれ魅力のある機種だが、カメラは同じものを搭載し、同じ機能が使える。従来のセンサーに比べてデータの読み出しが高速なメモリー積層型イメージセンサーを使ったカメラで、これにより通常の32倍のハイスピードカメラ撮影に相当するスーパースロー動画が撮影できるのが特徴だ。Xperia XZsでこのハイスピード撮影機能を試してみたらかなり面白かったので、撮影した動画とともに紹介したい。